読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【和歌山県最高峰の龍神岳から耳取山へ】

護摩壇山駐車場から護摩壇山、 和歌山県最高峰の龍神岳、 そして耳取山を経て駐車場まで 周回してきました。 龍神岳山頂からは270度の眺望、 まばゆいばかりの新緑を堪能しました。 [護摩壇山駐車場からの東の展望 右上が龍神岳] [護摩壇山駐車場] [護摩壇山…

【日光神社遙拝の伏拝山へ】

近畿自然歩道の 「日光神社を訪ねる道」を歩いてき ました。 笹の茶屋峠から植林帯の尾根を下っ て日光神社へ。 日光神社は規模の大きな神社であっ たと思われますが、今は、二つの祠 と社務所らしき建物が朽ちかけてい ました。 その後、自然林が混じる山腹…

【ただただ登り、烏帽子山】

二日目の烏帽子山は、 那智三峰のひとつで、 熊野の秀峰として知られています。 [那智大社から烏帽子山を望む。左奥に見える山が烏帽子山] [烏帽子山の右手が帽子岩、左手が瓶子岩] [帽子岩までズーム] <写真は粟屋氏より受領> 大杭峠に登る道は、高田に越え…

【ナメトコ岩から嶽の森山へ】

5月18日~19日の2日間で、 嶽の森山と烏帽子山の二山を登って きました。 一日目の嶽の森山は、 雄嶽(上の峰)と雌嶽(下の峰)の二峰 からなる岩峰で、江戸時代の儒者、 斎藤拙堂が滴翠峰と名付けた山と しても知られています。 [嶽の森山 下の峰から上の峰を…

【見ごろのカキツバタ、黒沢山】

「地図読みテクニック入門」講座で、 黒沢山から沼池、名寄松コースの 地図読みハイキングを楽しみました。 参加者は13名でした。 [沼池のカキツバタ群落] 日程を当初予定していた5月13日から 翌日の5月14日に変更したため、 参加者が減りましたが、 期待し…

【龍神街道の城ヶ森越え】

二日目は龍神街道の城ヶ森越えを 経て城ヶ森山です。 城ヶ森越えは和歌山城下から龍神 温泉に通じる龍神街道の 一ルートです。 [城ヶ森山レーダー雨量計観測所] [城ヶ森山ルート軌跡] [城ヶ森山ルート軌跡] 小森谷渓谷の出合橋をスタート。 支尾根に取り付き…

【牛の交易の古道、牛廻越え】

5月11日~12日の2日間で、 紀伊半島のど真ん中、 牛廻山と城ヶ森山の二山を 登ってきました。 一日目は牛廻越えを経て牛廻山です。 牛廻越えは、龍神村小又川と 十津川村迫西川の集落を東西に結ぶ 峠路で、かつて親牛と仔牛の交易が 行われた名残りの呼び名…

【高野山発見の道】

弘法大師「高野山発見の道」の 紀和トンネルから的場山までを歩いてきました。 新緑にミツバツツジの花がきれいでした。 [3D-GPS軌跡] [GPS軌跡] [紀和トンネル 右の道を登る] [新緑のすき間から金剛山を望む] [樹林帯にミツバツツジ] [東側に大峰山脈の眺望…

【新緑の黒沢山・沼池】

N氏と二人で、 来月に予定している 「地図読みテクニック入門」講座の 「黒沢山から沼池」ルートを歩いて きました。 新緑がまぶしく、山を歩くには最高の 季節です。 今日も充実した一日を過ごしました。 心なしか、沼池の水が多く、 またカキツバタの葉も…

【新緑の衛門・嘉門の滝へ】

日高川源流域の小森谷渓谷(※)から 衛門・嘉門の滝を(4/28)歩いてきました。 [新緑まぶしい衛門・嘉門の滝] [3DによるGPS軌跡] 遊歩道の修復が完了したとの情報があり、 十数年ぶりに小森谷渓谷に出かけました。 しかししかし、小森谷遊歩道に入って、 20分…

【春の中辺路を歩く】

滝尻王子社から熊野本宮大社までの 熊野古道を1泊2日(4月23日~24日)で 歩いてきました。 [GPS-3D軌跡] 熊野古道は、私にとってスポット的に 何度も歩いていたものの、通して歩く のは20数年ぶりになります。 そして、出来るなら天気の良い日に歩 きたい…

【桜の老樹は満開の黒河道】

「地図読みテクニック入門」講座の ハイキングで「黒河道」を歩いてき ました。 堺よみうり文化センター主催、 2017年春の第2回目のハイキングで、 参加者は、26名です。 私的には、今回で3回目です。 年を重ねるごとに、道標、道の整備 が進みつつあるよう…

【桜を求めて、京大阪・黒河道】

神谷辻のシダレザクラは、2~3分咲き? [GPSによる3D軌跡] [GPS軌跡] このところ、桜を追っかけて、 あっちこっちウロウロ。 今回の山歩きは、神谷辻と久保小学校の 桜見物が大きな目的です。 結論から言いますと、 いずれの桜も残念ながら、 まだ少し早すぎ…

【清姫道から天空の里「峰」へ】

3月29日、滝尻王子から清姫道を歩いてきま した。コースは滝尻王子をスタートし、 真砂登山口から潮見峠、門谷分岐、 天空の里「峰」を経て滝尻王子まで 周回しました。 [3D-GPS軌跡] [GPS軌跡] 「熊野古道中辺路マウンテンランレース」の 開催直後というこ…

【ピラミダルな山容の野竹法師】

大塔山系の野竹法師とゴンニャク山に 登ってきました。(2017.03.28) 野竹法師は、大塔山系の主峰、大塔山 から北に派生した均整のとれた三角錐 のひときわ目立つ山で、その西隣に、 たおやかな山容のゴンニャク山が連な っています。 野竹法師へは、 2005年1…

【地形図を片手に梵天山へ】

堺よみうり文化センター主催 「地図読みテクニック入門」講座の 2017年春の第1回目のハイキングを 小富士山から梵天山のルートで行い ました。参加者は21名です。 小富士山からの下山口で見かけたミツバツツジの花 GPSによる3Dルート図 GPSによるルート図 …

【雪の造形美を満喫 御池岳】

鈴鹿山系の最高峰、御池岳に友人3人と 登ってきました。 実はこれだけ良く知られた美しい山で あるにもかかわらず、御池岳は "鈴鹿セブンマウンテン"に選ばれていま せん…。 しかし、御池岳から鈴北岳へと連なる稜線 と日本庭園、テーブルランド、ドリーネの…

【六里ケ峰はまだまだ、冬】

龍神街道のヤゲン(薬研)坂を登り、 六里ヶ峰(六里越え)を経て護摩壇山 森林公園ワイルドライフ管理棟まで を歩いてきました。 [六里ケ峰の林道] [3Dルート図] 思っていた以上の雪の多さと、 六里ヶ峰の樹林のすき間から望む 奥高野の山々の眺望に大感激! ヤ…

【寒風吹く七霞山】

高野古道の捻草越え(※)から 七霞山に、「玉川峡を守る会」 の有志5人で、登ってきました。 [左から右の奥側に、摩尼山、 古宮岳、楊柳山、雪池山、手前に 護摩の壇を望む] [鉄塔前展望地から高野の峰々を望む] [カシミールによる展望図] [鉄塔前の展望地から…

【落ち葉の絨毯、ブナ山・高時山】

今日も先日に引き続き、 風屋ダム湖近くのブナ山と高時山に、 友人3人で登ってきました。 移動性高気圧のポカポカ陽気の中。 落ち葉の絨毯の上を 「カサコソ、カサコソ」と歩く足の 感触がたまらなく気持ち良かった ですよ(^^)。 [二等三角点のブナ山山頂] […

【ブナの林がきれいな法主尾山】

法主尾山と書いて、「ぼうずおさん」 または、「ほっすおうざん」と読むよう です。 十数年前に一度登ったことがありました が、今回が2度目です。 [8合目近くのブナの林。少し雪が残っていました][ルート図] 出発前の気温は2度ということで、 少しモチベー…

【見頃の梅林と四石山】

「地図読みテクニック入門」講座の自由 参加のハイキングで、総勢14名、梅林で 知られている金熊寺から四石山のハイキ ングを楽しみました。 金熊寺梅林からの四石山へのコースは、 谷から尾根への激登りと激下り、そして 激登りが連続します。 と言っても、…

【入道ヶ岳から眺望を満喫】

鈴鹿セブンマウンテンの一山、 入道ヶ岳に登ってきました。 コースは、北尾根から北の頭を経て 入道ヶ岳山頂へ、 下山は二本松尾根という、 定番コースです。 [鎌ケ岳・御在所岳を望む] ここ最近の気温と天候で、 さほど雪の期待はしなかったものの、 山頂か…

【豆街道を歩く】

「玉川峡を守る会」の有志三人と、 高野古道の「豆街道」と「六尺道」 を歩いてきました。豆街道を歩くのは今回はじめてです。 豆街道は、野迫川村において、 大規模に高野豆腐の製造が 行われていた頃、 原料となる大豆を橋本から 玉川峡沿いに点在する、 …

【龍門山山頂でほっこり!】

2017年2月19日、 以前から気になっていた 穂落ルートから龍門山に登って来ました。 朝の冷え込みはあったものの、 日差しが暖かく、心地よい汗をかきました。 [龍門山山頂から淡路島・大阪湾を望む] 山頂からは、 淡路島から和泉山脈の くっきりとした眺望を…

【真っ白な高野三山】

また、又の今年三度目の高野山です。と言っても、今回は、N氏と二人です。 まじめに高野三山を歩き、 今回も思いっきり雪を楽しみました。 奥の院参道の入口です。 何とか歩けるように雪かき されていましたが、 この状態です。 「三山めぐり」碑を見て、右…

【果無峠でラッセル】

紀伊半島の寒波到来に合わせて、 果無山にアタック。 ラッセルの醍醐味と厳しさを、 久しぶりに味わいました。雪を侮ってはいけませんね。 とはいえ、雪景色は最高です。 正面のピークが果無山、 その右肩が果無峠です。 中辺路経由で、 道の駅「奥熊野古道…

【霧氷を求めて高見山へ】

[GPS軌跡] 明日以降、またまた寒波の到来!との予想。 2、3日ほど、晴れ間が望めないだろう ということで、 前々から登る機会をねらっていた高見山に 登って来ました。 もちろん、今回の目的は霧氷です。 コースは、 たかすみ温泉から高見山山頂をピストン …

【金剛桜の樹氷】

今年、 はじめての金剛山に登ってきました。 以前、金剛山へは一年に数回、 必ずといっていいほど登っていた山 でしたが、ここ数年は、 ずいぶんとご無沙汰です。 今日のコースは、ツツジオ谷から 国見城跡、葛城神社を周回したのち、 千早本道を下山しまし…

【冬は綿向山】

[綿向山山頂から雨乞岳を中心に鎌ヶ岳を望む] 冬は綿向山。 ということで、鈴鹿山系の一峰、 綿向山に登ってきました。 山岳信仰の山でもある綿向山は、 一年を通して、登山者の多い山です。 登山口へのアクセスが良く、 登山者用の駐車場も整備されているな…

【高野山内をラッセル】

懲りずに、今年2度目の高野山です。 奥の院参道を外れて高野山スキー場を 目指します。 ゲレンデでは、2組ほどの親子が雪遊 びを楽しんでいました。雪は期待以上。 ということで、スキー場の山頂を 目指します。 膝上までの雪をかき分けて 一度目のラッセル…

【今年は名草山!!から…新年会へ】

今日、「地図読みテクニック入門」講座の 自由参加のハイキングで、 名草山のハイキングを楽しみました。 今年最初の山歩き、新年会を兼ねての集ま りです。 我々21名と台湾からの参加者2名を加えた 総勢23名です。 コースはJR黒江駅から符の谷池を経て 名…

【雪の高野山】真っ白な雪と青空を求めて…

山や森にいくと「ほっこり」とした気分 になります。 その要因のひとつに 「真っ白な雪と青空」ですよね〜 北海道や北陸の方々からは叱られそう ですが…、 和歌山県人にとっては、憧れますよ! ということで、今年最初の大寒波到来と いうことで、高野山に行…

【捻草越えの古道復活を!!】

高野山へは、「高野七口」と呼ばれる道 以外に、たくさんの道が存在していまし た。 そして、その中のひとつに捻草越えと 呼ばれる古道があります。 捻草越えは、高野町富貴から七霞山・ 杖(つえ)ヶ藪を経て高野山に向かう古道で、 江戸時代の地誌『紀伊続風…