筏師の道「万歳峠越え」

以前から気になっていた万歳峠越えを

歩いてきました。

[一遍上人名号碑]

f:id:hikojima:20180421092027j:plain

[3D-GPS軌跡]

f:id:hikojima:20180421085738j:plain


万歳峠越えは、志古と小雲取越えルート

を結ぶ万歳道とは別に、志古と大津荷を

つなぐ古道で、途中「一遍上人名号碑」

をはじめ「首無地蔵」「椎ノ木地蔵」

などの旧跡が点在しています。


という訳で、まずは志古から万歳道を

経て小雲取越えとの合流点へ。

その後、万歳峠越え分岐まで引き返した後、

本来の目的地、万歳峠越えを経て大津荷に

向かいます。

今回の歩行ルートは、

小板橋淳氏の著書「紀州・熊野の峠道」

筏師の道「万歳峠越」を参考にしました。

一遍上人名号碑からすぐ、杣道をたどって

首無地蔵へ。

一瞬、不安の二文字が頭をよぎります。

しかし首無地蔵からは比較的、順調。

かなり古そうな林道と古道が交差、

並行しながらテープの巻かれた尾根沿い

の道を忠実に下っていきます。

やがて、やや踏み跡の薄くなった頃、

ようやく「椎ノ木地蔵」に到着。

山腹を巻くように下って、全コース、

ほとんどブッシュにも出会うこともなく、

尾根の先端から大津荷の国道脇へ。

[万歳峠越え-GPS軌跡]

f:id:hikojima:20180421085827j:plain

[一号碑写し]

f:id:hikojima:20180421085905j:plain

[二号碑]

f:id:hikojima:20180421085932j:plain

f:id:hikojima:20180421085719j:plain

[万歳峠]

f:id:hikojima:20180421090157j:plain

[万歳峠から小雲取越に向かう道]

f:id:hikojima:20180421090315j:plain

[熊野古道小雲取越えとの合流点]

f:id:hikojima:20180421090231j:plain

[一遍上人名号碑]

f:id:hikojima:20180421090332j:plain

[桜地蔵]

f:id:hikojima:20180421090328j:plain

[宝筺印塔(首無地蔵)]

 

f:id:hikojima:20180421090334j:plain

[椎ノ木地蔵]

f:id:hikojima:20180421090339j:plain

【コースタイム】
下地橋バス停(駐車場)8:53==9:15志古バス停9:25-10:00一号碑写し-10:20二号碑-10:40万歳峠越え分岐-10:50万歳峠-11:10万歳道分岐11:45-12:25万歳峠越え分岐-12:30一遍上人名号碑(桜地蔵)12:35-12:50首無地蔵-13:30椎ノ木地蔵-14:10高津橋-14:25下地橋バス停

ようやく実現した小原峰

小原峰は近くの山でありながら、

大峰山稜から離れているため、なかなか登る

機会が無く、今回が初めての登山です。

しかし、

山腹近くには、かつての西熊野街道が通って

おり、興味惹かれる山域でもあります。

【3D-GPS軌跡】

f:id:hikojima:20180420131332j:plain

【小原峰山頂(三等三角点)】

f:id:hikojima:20180420131214j:plain

十津川役場隣の道の駅「十津川郷」を

スタート。

小原の集落に入り、十津川村第二小学校を

経て、最終民家の右手から支尾根に取り付

きます。

支尾根には、道標を兼ねた

「延命子安地蔵尊」が祀られています。

いっきに高度を上げ、小原辻、梶原辻を

経て小原峰山頂へ。

展望は西側180度、大パノラマが広がっ

ていました。

帰路は、やや踏み跡の薄い北側尾根を

下って小原辻に下った後、山腹道を

北にとって行仙岳を目指すつもり

でしたが…。

残念ながら、小原辻から北へ、すぐの

ところで、大きな山抜けと遭遇、

やむなく、

行仙岳は、次回への宿題としました。

GPS軌跡】

f:id:hikojima:20180420131739j:plain

【小原峰の登山マップ】

f:id:hikojima:20180420131657j:plain

【小森谷の滝】

f:id:hikojima:20180420131825j:plain

延命地蔵尊】

ここからいっきに高度を上げていく

かつて多くの人々が歩いたと思われる岩混じり道が続く

f:id:hikojima:20180420132105j:plain

【今日はじめての道標】

f:id:hikojima:20180420132030j:plain

【小原辻の地蔵尊

道標を兼ねていると思われる地蔵尊が祀られている

f:id:hikojima:20180420132122j:plain

【樫原辻に向かう山腹道の迂回路の看板】

ここまで、広い道が続いており、前方に山抜けが発生していた

f:id:hikojima:20180420132134j:plain

【迂回路を通らずに直進すると…。こんな橋が…。】

f:id:hikojima:20180420132138j:plain

【樫原辻から小原峰山頂への道】

反射板等の点検路として利用の整備された登山道

f:id:hikojima:20180420132142j:plain

【小原峰から玉置山方面を望む】

f:id:hikojima:20180420132152j:plain

【小原峰山頂から笠捨山・地蔵岳方面を望む】

f:id:hikojima:20180420132156j:plain

【小原峰山頂から足元に十津川役場を望む】f:id:hikojima:20180420132159j:plain

【小原峰山頂】

f:id:hikojima:20180420132203j:plain

【小原辻から、北へすぐのところで、山抜けが発生】

写真からすぐのところで山抜けがあり、到底、通行不可。

修正ルートを探してみたが、見つからず、行仙岳をあきらめる

f:id:hikojima:20180420200310j:plain


【コースタイム】
道の駅「十津川郷」9:30-9:48第一小学校9:50-9:55最終民家-10:45小原辻10:45-11:15樫原辻-11:40小原峰山頂12:15-12:45小原辻13:15-14:10道の駅「十津川郷」

手強かった"白髭岳"に再び挑戦

f:id:hikojima:20180411100854j:plain

かつて"しんどかった"という印象が

脳裏に残っている白髭岳に、

今回、再び挑戦!!

やはり、思いのほか、"しんどかった" 

そして、"手強かった" という印象です。
東谷出合からの谷道を進み、

小さな尾根を絡み山腹をトラバース。

やがて崩壊箇所へ。

ロープらしきものが設置されており、

通過出来なくもないが、無理をせず、

ここは残念、東谷出合まで戻ったのち、

神之谷集落からの尾根道コースで

リスタートします。


小白髭を過ぎると、

ようやく目的の白髭岳が、姿を現します。

その後、距離は長くないものの、

痩せ尾根の小さなアップダウンが続きます。

どのピークもひとつひとつが、

しっかり厳しく、"登った"感満載の

登山を楽しみました。

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20180411100941j:plain

[ヒトリシズカ]

f:id:hikojima:20180411101157j:plain

f:id:hikojima:20180411101038j:plain

f:id:hikojima:20180411101202j:plain

[岩稜の登り]

f:id:hikojima:20180411101116j:plain

[東谷出合からの分岐を経て白髭岳へ]

f:id:hikojima:20180411101128j:plain

f:id:hikojima:20180411101146j:plain

[白髭岳]

f:id:hikojima:20180411101212j:plain

[白髭岳山頂]

f:id:hikojima:20180411101206j:plain

f:id:hikojima:20180411101209j:plain

 

f:id:hikojima:20180411101214j:plain

 

【コースタイム】
8:10神之谷川の駐車スペース8:25-8:37東谷出合-9:35崩壊地-10:25東谷出合-10:45神之谷集落-13:15小白髭岳13:30-14:15白髭岳14:30-15:10小白髭岳-16:55神之谷集落-17:25駐車地

根来寺から元気の森周回

f:id:hikojima:20180408161932j:plain

[3D-GPS軌跡]

f:id:hikojima:20180408160942j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20180408161404j:plain

今日は私の誕生日です。

そして、この頃、桜の花が満開を

迎えるというのが、いつしか当たり前

のように、思っていました…。

と言う訳で、今年もと、思って桜を

期待して計画していたのです、が…。

あいにく、今年は、春を迎えるのが

すご~く早く、残念ながら、

あっという間に葉桜…。

ともあれ、朝の9時に根来寺駐車場に

集合。

駐車場は、まだまだ空きが多く、それ

もそのはずです。

すでに桜は終わっています。

しかし、朝の歩き始めは、少しばかり

肌寒くも感じましたが、芽吹きの

始まりつつある山歩きも、

良いものです。

五百仏山愛宕山のミニ八十八ヶ寺

巡りを経て元気の森を周回してきました。

[ドウダンツツジ]

f:id:hikojima:20180408161451j:plain

f:id:hikojima:20180408161601j:plain

f:id:hikojima:20180408161656j:plain

[新緑間近]

f:id:hikojima:20180408161635j:plain

[残り桜]

f:id:hikojima:20180408161644j:plain

f:id:hikojima:20180408161646j:plain

[ヤマツツジミツバツツジ]

f:id:hikojima:20180408161653j:plain

 

 

【コースタイム】
9:00根来寺駐車場9:15-9:20八十八ヶ所めぐり入口-10:00身代わり不動尊10:05-10:18西展望台10:25-11:05管理棟11:50-12:13O地点12:15-12:50R地点12:50-13:15T地点-13:50I地点13:55-14:50駐車場

『山と高原地図』の「高野山・熊野古道」発行

私ごとで恐縮ですが…
2年ほど前から調査取材を進めてきました
昭文社の登山シリーズ『山と高原地図』の

2018年版「高野山熊野古道 伯母子岳」

が、ようやく書店に並びました。


かつては『山と高原地図』のシリーズの

ひとつ「奥高野」が出版されていましたが、

その後、絶版となり、久しいかと思います。

今回、かつての「奥高野」の範囲を

引き継ぐとともに、世界文化遺産

高野山」「熊野古道」さらには

大峰山系」を加えた広範囲をカバーして、

発行することになりました。


よろしければ、手に取って読んでくださいね!!

f:id:hikojima:20180403203236j:plain

f:id:hikojima:20180403203313j:plain

昭文社、登山地図シリーズ「山と高原地図」から「山と高原地図 51 高野山・熊野古道 伯母子岳」を発売 :日本経済新聞

南紀熊野は、花盛り

和歌山県南紀のさくらを大急ぎで巡ってきました。

天空の郷、果無集落では色とりどり花が

咲き誇っています。

すでに見ごろを過ぎていた桜が多かった

ものの、全体として、

枝垂れ桜は、見ごろが多かったです

 

【岩口池周辺】
ソメイヨシノは満開を少し過ぎたところかな?
ミツバツツジがきれいに咲いていました

f:id:hikojima:20180403153220j:plain

f:id:hikojima:20180403153246j:plain

【奇絶峡】
ここも満開は過ぎていました。すでに葉桜も… 

f:id:hikojima:20180403154149j:plain

高山寺
枝垂れ桜と多宝塔のマッチング
きれい
そして、花びらの絨毯!! これもきれいです

f:id:hikojima:20180403154256j:plain

f:id:hikojima:20180403154534j:plain

【高原周辺。高原熊野神社
山あいの桜がきれい!!!

f:id:hikojima:20180403154711j:plain

f:id:hikojima:20180403154812j:plain

【野長瀬の枝垂れ桜】
満開は過ぎていましたが、
見応え十分

f:id:hikojima:20180403154924j:plain

【屋敷のさくら園】
枝垂れ桜は満開。「ほっこり」くつろげました

f:id:hikojima:20180403154958j:plain

f:id:hikojima:20180403155018j:plain

f:id:hikojima:20180403155102j:plain

【果無集落】
一週間につぼみであった桜がいっきに開花。

満開です。
色とりどりの花が咲き誇っています

f:id:hikojima:20180403155131j:plain

f:id:hikojima:20180403155139j:plain

赤木城跡】
青空とガスの中の桜!! 幻想的です

f:id:hikojima:20180403155204j:plain

f:id:hikojima:20180403155211j:plain

【瀞峡】
残念ながら、すでに葉桜。

f:id:hikojima:20180403155229j:plain

f:id:hikojima:20180403155235j:plain

f:id:hikojima:20180403155240j:plain

【七越峰】
ヤマツツジが咲きかけていました。こちらも早いですね。
枝垂れ桜は、満開。見ごろでした。
桜の下では、家族連れが楽しそうに弁当を食べていました
花びらが舞って、ピンクの絨毯です。

f:id:hikojima:20180403155255j:plain

f:id:hikojima:20180403155305j:plain

f:id:hikojima:20180403155312j:plain

f:id:hikojima:20180403155327j:plain

那智山
すでに葉桜!! 一本は、何とか!!

f:id:hikojima:20180403155346j:plain

『悠久の熊野』写真展

2年前、大阪富士フォトサロンにて開催した

『悠久の熊野』写真展

の写真11点を和歌山の喫茶

「ティーズカフェ」

にて展示します。


興味のある方は、ぜひ見に来てください。

f:id:hikojima:20180326144849j:plain

f:id:hikojima:20180326145805j:plain