再びトレーニングを兼ねて…、

と言いたいのですが、

少し欲張って歩いてきました。


京大阪道と国城山です。

さすがにこの暑さでの低山歩き

は厳しいです。


滝のマイナスイオンが恋しく

なって、近くの丹生の滝に立

ち寄ってきました。

滝のしぶきが最高です。

滝を眺めていると、ここを離れ

るのがつらくなってしまいました。

[GPS-3D軌跡]

f:id:hikojima:20170728222122j:plain[丹生の滝]f:id:hikojima:20170728222447j:plain

[GPS-軌跡]

f:id:hikojima:20170728222142j:plain[成就寺]

f:id:hikojima:20170728222209j:plain[西行庵-京大阪道六地蔵の第一地蔵が祀られている]

f:id:hikojima:20170728222220j:plain

[三軒茶屋の常夜灯、渡し場跡]

f:id:hikojima:20170728222229j:plain[三軒茶屋の常夜灯、渡し場跡]

f:id:hikojima:20170728222238j:plain

[宝蔵寺]

f:id:hikojima:20170728222254j:plain

[国城神社]

f:id:hikojima:20170728222303j:plain

f:id:hikojima:20170728222313j:plain

[応其上人の碑]

f:id:hikojima:20170728222320j:plain

[かむろ地蔵]

f:id:hikojima:20170728222345j:plain

[かむろ地蔵の前の三里石]

f:id:hikojima:20170728222350j:plain

[丹生の滝に立ち寄りました]

[丹生の滝位置図-駐車スペースから片道5分程度]

f:id:hikojima:20170728224645j:plain

f:id:hikojima:20170728222354j:plain

f:id:hikojima:20170728222333j:plain

[コースタイム]

南馬場緑地広場06:55-07:40三軒茶屋07:42-07:58高野橋本橋07:59-08:30宝蔵寺08:40-09:12分岐09:13-09:25国城山10:30-10:40三平神社10:50-11:05宝蔵寺-11:50かむろ天満宮-12:31南馬場緑地公園 

 

 

 

【三本杉から黒河道を周回する】

「夏は暑いのに決まっている!!??」

ということで、トレーニングを兼ねて、

高野山の黒河道を周回してきました。

f:id:hikojima:20170722224613j:plain

hikojima.hatenablog.com

2016年、世界文化遺産に追加登録された

「黒河道」は、橋本市の定福寺からどばい

坂、明神ヶ田和、市平集落、久保田和を経

て子継峠へと通じる道です。

しかし、黒河道が世界遺産登録されるまで

は、久保田和から「平」の集落に下って、

桜峠から黒河峠を経て高野山内に入るルー

トが一般的に、黒河道と呼ばれてきまし

た。

ということで、

今回、この2つのルートを

たどってみることにしました。

高野山三本杉をスタートし、黒河峠を越え

て、いったん「平」の集落跡に下ったのち、

世界遺産ルートの黒河道に入り、子継峠か

ら楊柳山に登ってきました。

f:id:hikojima:20170722224657j:plain


「歩く人がいなくなると、道は荒れる」と、

よく言われます。

案の定です。かつての黒河道は、伐採地を

通るため、心なしか荒れ気味のように感じ

ます。

一方、世界遺産登録された黒河道は、道標

等も充実し、こちらは、ますます、歩きや

すくなったような気がします。


さすがに、ときおり、吹く風は心地よいも

のの、歩き出すと、汗が噴き出します。

[三本杉]

f:id:hikojima:20170722224726j:plain[三本杉から黒河峠への道]

f:id:hikojima:20170722224735j:plain[高野山森林鉄道が敷かれていたときのレール]

f:id:hikojima:20170722224741j:plain

[和歌山県では珍しい道祖神]

f:id:hikojima:20170722224748j:plain

[黒河峠-石標には「くろこ道」と記されている]

f:id:hikojima:20170722224759j:plain

[石像の祠]

平垣内の集落は、この地蔵さんの

少し谷側にあったようです

(九度山町史より)。

平地などはなさそうです、

…草木が生い茂って分からなく

なっていますが…。

地蔵尊には「平村安全」と記さ

れています。

この付近から道が少し、

荒れ気味です。

f:id:hikojima:20170722224804j:plain

f:id:hikojima:20170722224830j:plain

[楊柳山(左)と雪池山(右)]

f:id:hikojima:20170722224816j:plain

[垣内大師石像] 

以前は、黒河の奥の「平」に祀られ

ていましたが、平垣内に住む人がい

なくなったため、現在の場所に移さ

れたようです。

石の大師像の台座には文政十二

(一八二九)年、「右かうや・

左まに」と記されています

(九度山町史より)

f:id:hikojima:20170722224843j:plain

[黒河道の大黒石]

f:id:hikojima:20170722224855j:plain

[子継峠の祠]

f:id:hikojima:20170722224904j:plain

[楊柳山]

f:id:hikojima:20170722224918j:plain

[スグ下ル転軸山近道の道標]

f:id:hikojima:20170722224912j:plain

 こちらの記事も参考にして下さい↓

【桜を求めて、京大阪・黒河道】 - 児嶋弘幸の「山でほっこり」

【真っ白な高野三山】 - 児嶋弘幸の「山でほっこり」

[コースタイム]
三本杉07:35-08:05黒河峠08:15-09:20垣内大師石像09:25-09:50つごいの森10:20-茶堂跡10:35-11:00大黒石-11:25雪池峠11:45-12:05子継峠12:10-12:30楊柳山12:45-12:45転軸山近道道標分岐13:15三本杉

【那智の扇祭りと熊野の滝巡り】

久しぶりに『那智の火祭り』の写真

撮影に行ってきました。

平成27年に国の重要無形民俗文化財

に指定されたことから、

現在は「那智の扇祭り」が正式名称

のことです。

f:id:hikojima:20170716105852j:plain

hikojima.hatenablog.com

f:id:hikojima:20170716105919j:plain

f:id:hikojima:20170716105929j:plain

とはいえ、クライマックスは御火

行事(火祭り)であることに変わりは

ありません。

火祭りが始まる前に、

ひと雨があり、12時過ぎには雨も

上がって、あとは本番を待つだけ

です。

 

せっかく、ここ(熊野)まで来たので、

少しばかり、

近くの滝巡りもしてきました。

最近、雨が多かったためか、

結構水量が多めです。

[鼻白の滝(展望台より)]

f:id:hikojima:20170716110007j:plain

[鼻白の滝(滝前より)]

f:id:hikojima:20170716110040j:plain

[布引の滝周辺図]

f:id:hikojima:20170716110334j:plain

[滝100選の布引の滝]

f:id:hikojima:20170716110057j:plain

f:id:hikojima:20170716110109j:plain

f:id:hikojima:20170716110119j:plain

f:id:hikojima:20170716110122j:plain

[荒滝]

f:id:hikojima:20170716110151j:plain

f:id:hikojima:20170716110632j:plain

[お滝さん]

f:id:hikojima:20170716110220j:plain

f:id:hikojima:20170716110226j:plain

f:id:hikojima:20170716110234j:plain

 

苔がきれいな大山の高倉神社に立ち寄りました

[大山の高倉神社]

f:id:hikojima:20170716110254j:plain

 

【高野山町石道を歩く】

このところ、体が鈍りつつあります。
ということで、

高野山町石道を歩くことに!!。


当初の予定では、慈尊院あたりから、

古峠まで…歩いて、

最寄りの駅に降りようと思い出かけた

のですが…、

 

hikojima.hatenablog.com

[高野山町石道-GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170709232513j:plain

f:id:hikojima:20170709232524j:plain

f:id:hikojima:20170709232532j:plain

f:id:hikojima:20170709232540j:plain

f:id:hikojima:20170709232547j:plain


今日は、土曜日と言うことだろうか!!

大勢のハイカーが歩きに来ていました。
このところ、マイナーな山ばかり登っ

ているので、

こんなに大勢のハイカーと出会うのは、

久しぶりです。

さすがは、

世界文化遺産の威力といったところ

でしょうか?!


と言うことで、

皆さんの足取りに引き込まれてしまい

ました。


ほとんどの方は、高野山大門まで歩く

ようです。


結局、暑い暑いと言いながら、

高野山大門までがんばってしまいま

した。

町石の卒塔婆を写真におさめようと

思って、がんばってみたのですが…。
ところどころ抜けてしまいました。

次回にご期待を!!

疲れた!!!!!!……

 

[町石道の石の卒塔婆] 

f:id:hikojima:20170710173936j:plain

f:id:hikojima:20170710173956j:plain

f:id:hikojima:20170710174012j:plain

f:id:hikojima:20170710174025j:plain

f:id:hikojima:20170710174054j:plain

f:id:hikojima:20170710174102j:plain

 [慈尊院多宝塔]f:id:hikojima:20170709232730j:plain

 [丹生官省符神社への参道]

f:id:hikojima:20170709232737j:plain

 [石段途中に立つ180町石]

f:id:hikojima:20170709232745j:plain

 [丹生官省符神社]f:id:hikojima:20170709232751j:plain

 [高野山町石道-172町石]

f:id:hikojima:20170709232804j:plain

 [展望台]

f:id:hikojima:20170709232811j:plain

 [163町石]

f:id:hikojima:20170709232818j:plain

 [「右かうや」の道標石]

f:id:hikojima:20170709232826j:plain

f:id:hikojima:20170709232833j:plain

 [榧蒔石]

f:id:hikojima:20170709232846j:plain

 [「右、慈尊院 左、山崎の道標石]

f:id:hikojima:20170709232900j:plain

 [雨引山分岐-154町石]

f:id:hikojima:20170709232906j:plain

 [1里石と144町石]

f:id:hikojima:20170709232913j:plain

 [古峠]

f:id:hikojima:20170709232925j:plain

 [二ツ鳥居と120町石(左)]

f:id:hikojima:20170709232933j:plain

 [袈裟掛け岩]

f:id:hikojima:20170709232940j:plain

 [押上岩]

f:id:hikojima:20170709232957j:plain

 [押上岩「紀伊国名所図絵」より]

f:id:hikojima:20170725173807j:plain

 [高野山大門-道路脇に7町石]

f:id:hikojima:20170709233009j:plain

 

[コースタイム]
慈尊院07:45-08:19慈尊院-10:45六本杉峠11:01-11:26古峠-11:31二ツ鳥居11:45-12:23神田地蔵堂-13:17笠木峠-14:07矢立峠-16:34大門

【雲雀山から明恵上人白上遺跡へ】

自由参加のハイキングで、

雲雀山に登ってきました。

総勢13名でした。

[3D-GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170702194231j:plain
梅雨のすき間を狙っての山歩きです。

しかし「暑いね!」の一言が、

今日一番の感想です。

さて、今回の雲雀山のコースは、

紀伊宮原駅をスタートし、雲雀山から

糸我峠、東、西白上遺跡、施無畏寺を

経て、湯浅駅に出るという熊野古道

万葉の道コースです。

f:id:hikojima:20170702194331j:plain

天気予報では、今日の天気は"曇り"と

言うことでしたが、"なかなかの快晴"

です。

とは言いながら、

雨でないのが何よりですが…


くまの古道民俗資料館で、自己紹介

をした後、いざ、雲雀山へ。やはり

外は暑~いですね!!


心配していた雲雀山への登山道でし

たが、思いの外、草の生え込みも少

なく、快適な歩き出しです。

とはいっても、この暑さには、

閉口しましたが…。

道中には「ヤマモモ」に「ビワ」の

実が、そのまま放置状態ですが…。

十分、おいしく食せました。


その後、鹿打峠から白上遺跡を経て

施無畏寺へ。

昔の道標が、少し読みづらくなって

いましたが、初めて歩かれる方でも、

まず間違うことなく歩けそうです。


皆さん、暑い中、お疲れ様でした。

[宮原橋]

f:id:hikojima:20170702194401j:plain

[正面の山が雲雀山]

f:id:hikojima:20170702194421j:plain

[得生寺]

f:id:hikojima:20170702194436j:plainf:id:hikojima:20170702194509j:plain

[得生寺境内の万葉歌碑]

f:id:hikojima:20170702194457j:plain

[糸我稲荷神社]

f:id:hikojima:20170702194530j:plain

[すぐ熊野道の道標]

f:id:hikojima:20170702194541j:plain

[ひばり山登山口]

f:id:hikojima:20170702194600j:plain

[役ノ行者像]

f:id:hikojima:20170702194609j:plain

[雲雀山山頂と有田川]

f:id:hikojima:20170702194702j:plain

[ヤマモモ]

f:id:hikojima:20170702194807j:plain

[ビワの実]

f:id:hikojima:20170702194813j:plain

[鹿打坂峠の役ノ行者像]

f:id:hikojima:20170702194712j:plain

[白上山への入口(入口注意)]

f:id:hikojima:20170702194720j:plain

[明恵上人東白上山遺跡]

f:id:hikojima:20170702194723j:plain

[明恵上人西白上山遺跡入口]

f:id:hikojima:20170702194821j:plain

f:id:hikojima:20170702194739j:plain

[西白上遺跡から栖原の海を望む]

f:id:hikojima:20170702194747j:plain

[栖原海岸]

f:id:hikojima:20170702194753j:plain

[栖原海岸から湯浅市街に向かう]

f:id:hikojima:20170702194826j:plain

[かき氷でクールダウン]

これは、私が食べたものではありません

隣の方の宇治金時を写真に撮らせていただきました

f:id:hikojima:20170702194833j:plain

[湯浅の町並み]

f:id:hikojima:20170702194837j:plain

[立石の道標]

f:id:hikojima:20170702194842j:plain


[コースタイム]
JR紀伊宮原駅09:00-09:25得生寺09:30-09:35くまの古道民俗資料館09:50-09:55雲雀山登山口-10:25雲雀山10:35-10:50糸我峠10:55-11:50東白上遺跡-11:55白上遺跡分岐[昼]12:35-12:40西白上遺跡12:45-13:10施無畏寺13:15-14:50JR湯浅駅

【瀞峡からツエノ峰へ】

雲海景勝地として知られる

ツエノ峰に登ってきました。

[瀞峡]

f:id:hikojima:20170617080838j:plain

[GPS-3D軌跡]

f:id:hikojima:20170617080850j:plain

三重・奈良・和歌山3県の県境にある

峡谷として知られる瀞峡の田戸から

瀞峡巡りのウォータジェット船の休憩地

を上から見下ろす形で、

吊り橋の山彦橋へ。

その後、断崖絶壁のいかだ道を経て、

トレイルランコースのツエノ峰北西尾根

をひたすら登っていきます。

途中、木津呂の眺望を堪能。

さわやかな風を感じながら、

いっきに登って704m峰へ。

その後下りに転じ、

パラグライダー離陸場へ。

玉置山、白倉山、風伝峠、丸山千枚田

一族山といった、熊野の山々が180度に

開けています。

ツエノ峰へは、

ここから尾根道を約30分ほど。

山頂からの展望はありません。

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170617080926j:plain

[瀞峡]

f:id:hikojima:20170617080910j:plain

[瀞峡に懸かる吊り橋の山彦橋]

f:id:hikojima:20170617080947j:plain

[山彦橋を渡って、いかだ道に入る]

f:id:hikojima:20170617081000j:plain

[ツエノ峰といかだ道の分岐(左、ツエノ峰、右、いかだ道)]

f:id:hikojima:20170617081017j:plain

[北山川と木津呂の集落]

 

f:id:hikojima:20170617081034j:plain

[ツエノ峰パラグライダー離陸場から風伝峠を望む]

f:id:hikojima:20170617081038j:plain

[コースタイム]

瀞峡06:45-06:55山彦橋-07:15ツエノ峰尾根入口-08:20展望地08:30-08:50 704m峰08:55-09:35パラグライダー離陸場09:55-10:25ツエノ峰10:30-11:15 704m峰11:30-展望地11:55-12:50瀞峡 

 

丸山千枚田にも立ち寄りました

f:id:hikojima:20170617081100j:plain

 

【北山村いかだ道を歩く】

北山村の近畿自然歩道、

「いかだ道」を歩いてきました。

かつて北山村で伐採した木材は、

筏師たちが、いかだを組み、

北山川を新宮方面へと流しました。

北山川を下った筏師たちは、

そののち、陸路「いかだ道」を通って

帰路に着いたと言われています。

[瀞峡-田戸、瀞峡巡りの船着き場]

f:id:hikojima:20170616223807j:plain

[田戸-東野峠-小松の峠越え GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170616223830j:plain
今回、大森山の北山腹370メートル

近くの東野峠越えのいかだ道を、

田戸から小松まで歩いてきました。

ところどころ、土砂崩れ跡もあり、

近畿自然歩道に指定されている

ものの、決して整備されたルート

とは言えそうにありません。

通行はできましたが、ゴロゴロした

岩が転がっていたり…。

思わぬアップダウンもあり、

とはいえ、

約3時間ほどをかけて歩き通しました。


しかし、現在では、この峠越えも、

車で、東野、有蔵、そして

小松トンネル利用すれば、

約5分ほどで、あっけなく通り抜けて

しまいます。

歴史の流れとはいえ、何だか感慨深い

ものを感じる共に、

かつての筏師たちの苦労に敬服して

しまいました。

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170616224046j:plain

[田戸から東野峠への入口]

f:id:hikojima:20170616223906j:plain

[東野に向けて出発]

f:id:hikojima:20170616223919j:plain

[秋葉神社]

f:id:hikojima:20170616223941j:plain

[東野の集落跡]

f:id:hikojima:20170616223947j:plain

[いかだ道]

f:id:hikojima:20170616223953j:plain

[いかだ道の吊り橋]

f:id:hikojima:20170616223959j:plain

[北山川]

f:id:hikojima:20170616224002j:plain

[小松付近の北山川]

f:id:hikojima:20170616225409j:plain