読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【春の中辺路を歩く】

滝尻王子社から熊野本宮大社までの

熊野古道を1泊2日で歩いてきました。

[GPS-3D軌跡]

f:id:hikojima:20170426214159j:plain

f:id:hikojima:20170426214229j:plain


熊野古道は、私にとってスポット的に

何度も歩いていたものの、通して歩く

のは20数年ぶりになります。

そして、出来るなら天気の良い日に歩

きたいと思い、天気予報と、にらめっ

こしての山行きとなりました。

新緑と春の陽気にも恵まれ、

充実の熊野古道歩きを楽しみました。


1日目は、滝尻王子社から近露、

2日目は近露から熊野本宮大社まで、

1泊2日の長丁場です。

 

私にとっての久しぶりの熊野古道歩き

となりましたが、今更ながら出逢う方

のほとんどが外国人でした。

宿の方に聞くと、宿泊者の約7~8割

が外国人だとのことです。

さすが世界遺産登録の威力です。


途中、外国人の彼ら、彼女たちとは、

何度も追い越したり追い越されたりの

繰り返しとなりましたが、

心から熊野古道を楽しんで歩いている

風にも感じました。


日本人の私たちも、もっと日本の良さ、

熊野古道を知らないといけませんね!!。

 

[GPS軌跡-1]

f:id:hikojima:20170426214710j:plain

[GPS軌跡-2]f:id:hikojima:20170426214724j:plain

[GPS軌跡-3]

熊瀬川から岩神峠(岩神王子跡)を経て、蛇形地蔵に抜ける峠路が本来の熊野古道ですが、地すべり発生の危険があるということで、南側に迂回路(朱記、今回こちらを通りました)が設置されています。迂回路は、岩上峠越えの道(青線)です。

f:id:hikojima:20170426214732j:plain

[GPS軌跡-4]f:id:hikojima:20170426214735j:plain

[滝尻王子社]

f:id:hikojima:20170426214259j:plain

[剣山への急坂]f:id:hikojima:20170426214315j:plain

[胎内くぐり]f:id:hikojima:20170426214337j:plain

[乳岩]f:id:hikojima:20170426214347j:plain

[不寝王子]

f:id:hikojima:20170426214401j:plain

[飯盛山から槇山を望む]f:id:hikojima:20170426214420j:plain

[高原熊野神社]

f:id:hikojima:20170426214430j:plain

[高原の集落からの展望]

f:id:hikojima:20170426214434j:plain

[高原池]

f:id:hikojima:20170426214437j:plain

[十丈王子]

f:id:hikojima:20170426214441j:plain

[小判地蔵]

f:id:hikojima:20170426214445j:plain

[牛馬童子口バス停から箸折峠へ]

f:id:hikojima:20170426214450j:plain

[箸折峠の牛馬童子像]

f:id:hikojima:20170426214454j:plain

[近露の里]

f:id:hikojima:20170426214459j:plain

f:id:hikojima:20170426214504j:plain

[近露王子]

f:id:hikojima:20170426214507j:plain

[近露 秀衡桜]

f:id:hikojima:20170426214512j:plain

f:id:hikojima:20170426214532j:plain

[一方杉]

f:id:hikojima:20170426214541j:plain

f:id:hikojima:20170426214555j:plain

f:id:hikojima:20170426214605j:plain

[迂回路、岩上峠への道]

f:id:hikojima:20170426214611j:plain

[蛇形地蔵尊]

f:id:hikojima:20170426214615j:plain

[湯川王子]

f:id:hikojima:20170426214620j:plain

[船玉神社]

f:id:hikojima:20170426214630j:plain

 [発心門王子]

f:id:hikojima:20170426214634j:plain

[水吞王子]

f:id:hikojima:20170426214639j:plain

[伏拝王子]f:id:hikojima:20170426214643j:plain

[伏拝王子から熊野本宮を望む]f:id:hikojima:20170426214647j:plain

[コースタイム]

 [一日目]
滝尻王子08:25-09:05剣山09:10-10:10高原熊野神社10:30-11:15高原池-11:55十丈王子12:25-14:00逢坂峠-15:30箸折峠15:50-16:00近露王子(泊)
[二日目]
宿泊地(月の家)06:20-07:30一方杉07:40-08:25小広峠休憩所08:40-10:47蛇形地蔵10:50-11:24三越峠休憩所11:30-13:15発心門王子13:20-13:30発心門王子休憩所-14:40伏拝王子跡15:00-15:23三軒茶屋跡-16:01熊野本宮大社

 

 

【桜の老樹は満開の黒河道】

「地図読みテクニック入門」講座の

ハイキングで「黒河道」を歩いてき

ました。

堺よみうり文化センター主催、

2017年春の第2回目のハイキングで、

参加者は、26名です。

私的には、今回で3回目です。

年を重ねるごとに、道標、道の整備

が進みつつあるようです。

これも世界遺産に追加登録された

ための措置だろうと思います。

f:id:hikojima:20170425112953j:plain


しかしながら、コース中にトレイが

設置されていないのが残念なところ

です。今回の計画においても、

トイレの"ある"、"なし"で、

参加を見送った方もおりました。

早期の設置を期待したいところです。

さて、8時20分、橋本駅をスタートし、

12時30分、久保小学校に到着。

予定していた久保小学校の校庭での

昼食。久保小学校の老樹の桜は、

散り始めといったところです。

私たちのために最高の情景と花見

場所を与えてくれたような、

勝手な解釈をしてしまいました。

 

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170425113033j:plain

[定福寺スタート]

f:id:hikojima:20170425113104j:plain

[宮谷太子堂]

f:id:hikojima:20170425113114j:plain

[柿畑の農道を登っていく]

f:id:hikojima:20170425113123j:plain

[五軒畑岩掛観音にて休憩。紀ノ川の展望が開ける]

f:id:hikojima:20170425113129j:plain

 

[明神ヶ田和の道標]

f:id:hikojima:20170425113140j:plain

[赤石]

f:id:hikojima:20170425113155j:plain

[シャガの群生地を経て丹生川へ]

f:id:hikojima:20170425113159j:plain

 

f:id:hikojima:20170425113202j:plain

[久保小学校の老樹]

f:id:hikojima:20170425113206j:plain

[樹林のすき間から戦場山を望む]

f:id:hikojima:20170425113212j:plain

 

 

 

[コースタイム]
JR橋本駅8:20-9:40明星ヶ田和9:45-10:30市平橋10:40-11:35美砂子峠11:45-12:25久保小学校13:30-16:25奥の院バス停

【桜を求めて、京大阪・黒河道】

神谷辻のシダレザクラは、2~3分咲き?

f:id:hikojima:20170414222924j:plain[GPSによる3D軌跡]

f:id:hikojima:20170414222735j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170414222550j:plain

このところ、桜を追っかけて、

あっちこっちウロウロ。

 

今回の山歩きは、神谷辻と久保小学校の

桜見物が大きな目的です。

結論から言いますと、

いずれの桜も残念ながら、

まだ少し早すぎました。

神谷のしだれ桜は2~3分程度、

久保小学校は、つぼみ固し、

今年の開花は例年に比べ、

かなり遅れている模様です。


もちろん、当然、山歩きも

楽しみました。

高野山内では珍しく自然林が残る子継峠

への谷道では、思わず、「春の小川」の

一節を口ずさんでいました。

「春の小川は さらさら行くよ 

えびやめだかや 小ぶなのむれに…」と、

しかし、ここには、エビ、めだか、

小ぶななどは、絶対おりません。

ともかく、山歩きには最も良い季節となっ

たのだけは事実です。


帰路、玉川峡沿いの車道を高野下駅に向けて

歩いていると、突然、前を行く車が停車。

車から降りてきたのは、何と「I氏とM氏」

の二人。

「えっ…」思わぬところでの出会いに、

びっくり。

玉川峡の調査を兼ねての花見からの帰りと

のこと。

ということで、送って頂くことに…。

車道歩きにうんざりしていたところでの

ラッキーな出会いに感謝です。

 

神谷一里石

f:id:hikojima:20170414222903j:plain

極楽橋:ここから不動坂のはじまり

f:id:hikojima:20170414222943j:plain

快適な黒河道

f:id:hikojima:20170414223033j:plain

現在休校中の久保小学校

f:id:hikojima:20170414223008j:plain

久保小学校のさくら(まだまだつぼみ固し)

f:id:hikojima:20170414223024j:plain

久保田和の地蔵f:id:hikojima:20170414223016j:plain美砂子峠

f:id:hikojima:20170414223058j:plain

市平の桂の木

f:id:hikojima:20170414223106j:plain

市平橋の枝垂れざくら(満開)f:id:hikojima:20170414223112j:plain

  

[コースタイム]
紀伊神谷駅08:02-08:20神谷辻-08:22旧白藤小学校-08:55極楽橋09:00-09:50女人堂09:55-10:15黒河口女人堂跡-11:15子継峠11:25-11:40雪池峠11:50-12:35久保小学校跡(北又)13:35-14:05美砂子峠14:10-14:40市平-14:50市平橋-15:50塩瀬橋-<車>

【清姫道から天空の里「峰」へ】

3月29日、滝尻王子から清姫道を歩いてきま

した。コースは滝尻王子をスタートし、

真砂登山口から潮見峠、門谷分岐、

天空の里「峰」を経て滝尻王子まで

周回しました。

[3D-GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170331111816j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170331111847j:plain

熊野古道中辺路マウンテンランレース」の

開催直後ということで、非常に整備が行き届

いていました。

今回、清姫道を歩いて、

熊野古道中辺路マウンテンランレース」が

行われていることを、はじめて知りました。

また次回10回をもって終了するとのこと、

非常に残念です。


熊野古道も良いけれど、ここ清姫道は、土の

道がほとんどで、足にやさしいだけでなく、

自然の息吹を感じる味わい深いハイキング

コースになっています。

是非、

多勢の登山者に歩いて頂きたいと思います。

[滝尻王子社]

f:id:hikojima:20170331111928j:plain

[熊ヶ岩]

f:id:hikojima:20170331111948j:plain

 

f:id:hikojima:20170331112005j:plain

[清姫道分岐]

f:id:hikojima:20170331112018j:plain

[清姫道]

f:id:hikojima:20170331112028j:plain

[潮見峠(後方が槇山):右前方に休憩舎とトイレ]

f:id:hikojima:20170331112050j:plain

[右下の山道を下って門谷へ]

f:id:hikojima:20170331112102j:plain

f:id:hikojima:20170331112116j:plain

[門谷分岐:右の谷を渡ると真砂分岐へ、ここでは直進して峰へ]

f:id:hikojima:20170331112130j:plain

[厳島神社]

f:id:hikojima:20170331112142j:plain

[天空の里の休憩舎]

f:id:hikojima:20170331112147j:plain

[コースタイム]
滝尻王子10:20-10:50真砂登山口-11:50熊ヶ岩11:55-12:00清姫道分岐12:10-12:45潮見峠13:25-13:30山道分岐-13:50門谷-13:55門谷分岐14:00-14:10峰14:30-14:40車道分岐-14:55滝尻王子

 

f:id:hikojima:20170331163510j:plain

 

[end]

 

【ピラミダルな山容の野竹法師】

大塔山系の野竹法師とゴンニャク山に

登ってきました。(2017.03.28)

野竹法師は、大塔山系の主峰、大塔山

から北に派生した均整のとれた三角錐

のひときわ目立つ山で、その西隣に、

たおやかな山容のゴンニャク山が連な

っています。

野竹法師へは、

2005年10月以来の12年ぶりです。

今回は小広和田川林道を利用した

ルートで登りました。

 

林道の開通により、山奥の山という

印象から、ずいぶんと近くの山にな

ったように感じますが、マイナーな

山であることに変わりはありません。

しかし、しっかりとした踏み跡と

テープ等が充実、心なしか、

歩きやすくなっているような印象を

受けました。

また林相にひっそりと咲くバイカオ

ーレンの花が、足取りを軽くしてく

れました。

f:id:hikojima:20170330170759j:plain

f:id:hikojima:20170330170923j:plain

 

f:id:hikojima:20170330170845j:plain

f:id:hikojima:20170330171018j:plain

スカイラインさながらの林道に入って

車を走らせること、

9キロメートル足らず、

眼下に中辺路の山々が広がってきます。

四辻大杉林道に車を駐車。

ここから登山開始です。

[狼ダワ山・笠塔山を望む]

f:id:hikojima:20170330171053j:plain

椿尾峠からゴンニャク山へと

向かう尾根から、嶽山をはじめ、

分領山、半作嶺、三ツ森山方面の

展望が開けてきます。

f:id:hikojima:20170330171107j:plain

[ゴンニャク山に向かう尾根

から分領山を望む]

f:id:hikojima:20170330171216j:plain

[ゴンニャク山山頂]

f:id:hikojima:20170330171122j:plainf:id:hikojima:20170330171210j:plainf:id:hikojima:20170330171204j:plain

[ゴンニャク山から野竹法師に向かう]

f:id:hikojima:20170330171143j:plain

[野竹法師山頂]

f:id:hikojima:20170330171151j:plain

f:id:hikojima:20170330171200j:plain

 

[コースタイム]
四辻大杉林道08:30-08:40椿尾峠-09:35嶽山分岐-09:55ゴンニャク山10:05-10:35野竹法師10:50-11:15ゴンニャク山11:40-11:50嶽山分岐-12:45椿尾峠12:55-林道

 

[end]

 

 

 

 

【地形図を片手に梵天山へ】

堺よみうり文化センター主催

「地図読みテクニック入門」講座の

2017年春の第1回目のハイキングを

小富士山から梵天山のルートで行い

ました。参加者は21名です。

小富士山からの下山口で見かけたミツバツツジの花

f:id:hikojima:20170326181325j:plainGPSによる3Dルート図

f:id:hikojima:20170326181400j:plainGPSによるルート図f:id:hikojima:20170326181420j:plain

水呑地蔵から小富士山へ、

いきなりの手と足を使っての登高

からの始まりです。

始めて参加した方には、少しばかり、

厳しすぎたかも?、と思いながら…、

それなりに面白かったようにも…。

その後、笹峠から、再び、やせ尾根

の登りを経て、梵天山展望台へ。

展望台からは「尾根」「谷」が、

まさに地形図を見ているかのように…

足元に広がっています。

低山といって、侮ってはいけませんネ! ! 

そして、色々と、考えなければなら

ないことも…。

今日も一日、地形図を片手に頭の

リフレッシュ、山歩きを楽しみました。

水呑地蔵奥の院参道(小富士山登山口)

f:id:hikojima:20170326205317j:plain小富士山手前のピークに登る

f:id:hikojima:20170326181453j:plain

振り返って小富士山を望む

f:id:hikojima:20170326181342j:plain

稲倉池・笹峠方面を望む

f:id:hikojima:20170326181522j:plain

小富士山からの下り

f:id:hikojima:20170326181533j:plain

笹峠への登り

f:id:hikojima:20170326181546j:plain

コナラ・ウバメガシ林のやせ尾根の登り

f:id:hikojima:20170326181552j:plain

梵天山展望台から大阪湾を望む

f:id:hikojima:20170326181559j:plain

 

[コースタイム]
JR日根野駅09:35-08:46水呑地蔵バス停09:10-09:35小富士山09:45-11:45笹峠11:50-13:15梵天山展望台14:15-15:15つづら畑バス停15:24-15:40JR和泉砂川駅

 

                                            [end]

 

【雪の造形美を満喫 御池岳】

f:id:hikojima:20170320161811j:plain

鈴鹿山系の最高峰、御池岳に友人3人と

登ってきました。

 

実はこれだけ良く知られた美しい山で

あるにもかかわらず、御池岳は

"鈴鹿セブンマウンテン"に選ばれていま

せん…。

しかし、御池岳から鈴北岳へと連なる稜線

と日本庭園、テーブルランド、ドリーネの

雪の造形は、どこを切り取ってみても、

目に焼き付いて、離れないほど魅力的です。

[GPSによる3D軌跡]

f:id:hikojima:20170320161929j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170320161947j:plain

鞍掛橋をスタートし、支尾根を急登、鞍掛

尾根へ、鈴北岳、日本庭園を経て御池岳に

登ってきました。

登りに使用した登山道(?)は、嫌になる

ような急斜面なので、できれば今後、

ご遠慮したいと思いますが…。

まずは306号線、早く復旧して頂きたいと

思います(:_;)。

ちなみに、帰路として使った鉄塔点検道は、

まずまず、歩きやすかったです。


天気は、暑すぎず、寒すぎず…、

時折、薄日が射すと、より一層、雪の造形

を際だたせてくれます。

今日も、一日、最高の山歩きをプレゼント

してくれました。

[支尾根から鞍掛尾根へ] 

f:id:hikojima:20170320162118j:plain

[鞍掛尾根を鈴北岳を目指す]

f:id:hikojima:20170320162129j:plain

[鈴北岳山頂まであと少し]

f:id:hikojima:20170320162216j:plain

[日本庭園付近から御池岳]

f:id:hikojima:20170320163207j:plain

[御池岳に向かう]

f:id:hikojima:20170320162223j:plain

f:id:hikojima:20170320162203j:plain

 

f:id:hikojima:20170320162236j:plain

f:id:hikojima:20170320162242j:plain

f:id:hikojima:20170320162249j:plain

[鞍掛尾根を下る]f:id:hikojima:20170320162814j:plain

f:id:hikojima:20170320162824j:plain

[コースタイム]
鞍掛橋10:00-12:30鞍掛尾根12:35-13:00鈴北岳[昼]13:25-13:40日本庭園13:45-14:15御池岳14:20-14:50日本庭園15:00鈴北岳-16:35鞍掛橋

 

 

[end]