読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【雪の造形美を満喫 御池岳】

三重県の山 滋賀県の山

f:id:hikojima:20170320161811j:plain

鈴鹿山系の最高峰、御池岳に友人3人と

登ってきました。

 

実はこれだけ良く知られた美しい山で

あるにもかかわらず、御池岳は

"鈴鹿セブンマウンテン"に選ばれていま

せん…。

しかし、御池岳から鈴北岳へと連なる稜線

と日本庭園、テーブルランド、ドリーネの

雪の造形は、どこを切り取ってみても、

目に焼き付いて、離れないほど魅力的です。

[GPSによる3D軌跡]

f:id:hikojima:20170320161929j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170320161947j:plain

鞍掛橋をスタートし、支尾根を急登、鞍掛

尾根へ、鈴北岳、日本庭園を経て御池岳に

登ってきました。

登りに使用した登山道(?)は、嫌になる

ような急斜面なので、できれば今後、

ご遠慮したいと思いますが…。

まずは306号線、早く復旧して頂きたいと

思います(:_;)。

ちなみに、帰路として使った鉄塔点検道は、

まずまず、歩きやすかったです。


天気は、暑すぎず、寒すぎず…、

時折、薄日が射すと、より一層、雪の造形

を際だたせてくれます。

今日も、一日、最高の山歩きをプレゼント

してくれました。

[支尾根から鞍掛尾根へ] 

f:id:hikojima:20170320162118j:plain

[鞍掛尾根を鈴北岳を目指す]

f:id:hikojima:20170320162129j:plain

[鈴北岳山頂まであと少し]

f:id:hikojima:20170320162216j:plain

[日本庭園付近から御池岳]

f:id:hikojima:20170320163207j:plain

[御池岳に向かう]

f:id:hikojima:20170320162223j:plain

f:id:hikojima:20170320162203j:plain

 

f:id:hikojima:20170320162236j:plain

f:id:hikojima:20170320162242j:plain

f:id:hikojima:20170320162249j:plain

[鞍掛尾根を下る]f:id:hikojima:20170320162814j:plain

f:id:hikojima:20170320162824j:plain

[コースタイム]
鞍掛橋10:00-12:30鞍掛尾根12:35-13:00鈴北岳[昼]13:25-13:40日本庭園13:45-14:15御池岳14:20-14:50日本庭園15:00鈴北岳-16:35鞍掛橋

 

 

[end]

 

 

【六里ケ峰はまだまだ、冬】

和歌山県の山 古道歩き

龍神街道のヤゲン(薬研)坂を登り、

六里ヶ峰(六里越え)を経て護摩壇山

森林公園ワイルドライフ管理棟まで

を歩いてきました。

[六里ケ峰の林道]

f:id:hikojima:20170318202917j:plain

[3Dルート図]

f:id:hikojima:20170318203015j:plain思っていた以上の雪の多さと、

六里ヶ峰の樹林のすき間から望む

奥高野の山々の眺望に大感激!

ヤゲン(薬研)坂の中ほど一部分に、

踏み跡の薄いところがあったものの、

踏み跡を忠実にたどれば立石(※1)

分岐に至ります。

古道分岐からは、ほぼ水平の林道

歩きです。真っ白な雪の上を歩く

足の感触、ブナ・ミズナラの原生林、

そして

青い空、樹林のすき間から望む

護摩壇山、龍神岳、城ヶ森山、

鉾尖岳といった奥高野の山々、

何もかもが新鮮でした。

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170318204012j:plain

[八幡神社]

f:id:hikojima:20170318204124j:plain

[薬研坂入口]

f:id:hikojima:20170318204208j:plain

[立石]

f:id:hikojima:20170318204310j:plain

[衣掛岩]

f:id:hikojima:20170318204344j:plain

[鉾尖岳方面の展望]

f:id:hikojima:20170318204422j:plain

[六里ケ峰から管理棟を望む]

f:id:hikojima:20170318204429j:plainf:id:hikojima:20170318204447j:plainf:id:hikojima:20170318204501j:plain

[六里ケ峰から城ケ森山を望む]

f:id:hikojima:20170318204435j:plain

[管理棟]

f:id:hikojima:20170318204442j:plain

[管理棟から護摩壇山方面を望む]

f:id:hikojima:20170318202931j:plain

 

[コースタイム]
亀谷橋08:20-08:30薬研坂入口10:10立石10:15-10:50古道分岐10:55-11:00衣掛岩-12:05ワイルドライフ管理棟12:35-13:30衣掛岩(※2)-13:35古道分岐-13:55立石-14:50薬研坂入口-14:55亀谷橋

 

(※1)立石
六里越えに残る唯一の道標で、「大水の時は此方へまわるべし」と記され、大熊方面との道分けにもなっています。

(※2)衣掛岩
弘法大師薬研坂で汗をかいたので、岩に衣を掛けて干したと伝えられています。

 

【寒風吹く七霞山】

和歌山県の山 高野山 古道歩き

高野古道の捻草越え(※)から

七霞山に、「玉川峡を守る会」

の有志5人で、登ってきました。

 

[左から右の奥側に、摩尼山、

古宮岳、楊柳山、雪池山、手前に

護摩の壇を望む]

[鉄塔前展望地から高野の峰々を望む]

f:id:hikojima:20170316133534j:plain

 [カシミールによる展望図]

f:id:hikojima:20170316133858j:plain

[鉄塔前の展望地から南の方を望む]

(下記写真は井奥氏より受領)

f:id:hikojima:20170318193902j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170316134011j:plain

[コース図]

f:id:hikojima:20170316135939j:plain

横なぐりの風に、時折、白いものが

混じる、あいにくの天気で気が沈み

がちかと思いきや、

皆さん気合いが入っています。

昨年暮れから進めている捻草越えの

道整備の総仕上げとなる2ヶ所の

道標設置と一部の捻草越え整備に汗

を流しました。

七霞山山頂近くから望む冬空の

金剛山奈良盆地、高野の峰々

の眺望は格別。

今日も一日、

楽しい山歩きとなりました。

古道入口には、階段道があります

f:id:hikojima:20170316134142j:plain

ひとつ目の道標

f:id:hikojima:20170316134309j:plain

 

かつての崩壊地

f:id:hikojima:20170316134416j:plain

左下に「ケヤキ岩」

f:id:hikojima:20170316134528j:plain

れいな自然林。下筒香辻に向かう

f:id:hikojima:20170316135156j:plain七霞山山頂

f:id:hikojima:20170316134638j:plain

ヒイロチャワンタケ

f:id:hikojima:20170316134713j:plain


左手が見事がアカマツ

(止め山です)

f:id:hikojima:20170316134724j:plain

金剛山奈良盆地を望む

f:id:hikojima:20170316134826j:plain

北宿で見つけたロウバイの花

f:id:hikojima:20170316134857j:plain


[コースタイム]
河合橋09:15-10:00ケヤキ岩10:10-11:30四等三角点11:10-11:50尾根鞍部12:20-12:35下筒香辻12:45-13:05七霞山13:10-13:30展望地13:40-14:40小峰辻-15:25やどり温泉

(※)捻草越えについて
江戸時代の地誌『紀伊風土記』に
「摩尼谷より川合の橋へ出て七霞を過ぎて
富貴へ行を捻草越といふ高野より大峰山
の本道とす」と記されています。
また山頂近くには「お杉茶屋」があったと
言われています。

                                               [end]

【落ち葉の絨毯、ブナ山・高時山】

古道歩き 奈良県の山

今日も先日に引き続き、

風屋ダム湖近くのブナ山と高時山に、

友人3人で登ってきました。

移動性高気圧のポカポカ陽気の中。

落ち葉の絨毯の上を

「カサコソ、カサコソ」と歩く足の

感触がたまらなく気持ち良かった

ですよ(^^)。

[二等三角点のブナ山山頂]

f:id:hikojima:20170313113838j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170313113947j:plain

[樹林のすき間から雪を被った八経ヶ岳]

f:id:hikojima:20170313114012j:plain

[3Dによるコース図]

f:id:hikojima:20170313114035j:plain

風屋ダム湖畔から九十九折れの狭い

車道を登りきったところ、

まさに天空の郷の集落、「高津」へ。

高津と書いて「たこうづ」と読むよう

です。

 ここ高津集落から三里越えの古道(※)

を高津峠に登り、尾根伝いにブナ山と

高時山を目指します。

[高津集落]

f:id:hikojima:20170313114100j:plain

[三里越えの古道を歩く]

f:id:hikojima:20170313114106j:plain

[高津峠は間近]

f:id:hikojima:20170313114121j:plain

f:id:hikojima:20170313114127j:plain

[ブナ山への道]

f:id:hikojima:20170313114134j:plain

f:id:hikojima:20170313114141j:plain

[ブナの林…尾根分岐近く]

f:id:hikojima:20170313114145j:plain

ブナ山は自然林のきれいな山で、憩う

には最適です。

残念ながら、

展望にも恵まれない山でしたが、

落ち葉の絨毯を歩く足の感触は、

たまらなく気持ちよかったです。

下山は、ブナ山の北尾根を高津集落

まで周回しました。

このコースを歩く人が少ないようです。

分岐点が分かりづらく(テープ有り)、

尾根の激下りもあります。

[二等三角点のブナ山山頂]

f:id:hikojima:20170313114149j:plain

[広い道を高津集落へ] 

f:id:hikojima:20170313114209j:plain

[コースタイム]
高津集落08:30-09:30高津峠09:35-09:55三里山10:00-10:15高津峠11:30-尾根分岐11:40ブナ山11:45-12:15高時山13:15-13:40ブナ山13:55-14:05尾根分岐-15:05高津集落

 

 

※【三里越えについて】

十津川村北部の中心集落『上野地』

から十津川沿いに南下していくと、

『川津』、『風屋』の集落があって、

この川沿いのルートが西熊野街道

呼ばれています。

三里越えは、上野地の南で山に入り、

『高津』の集落を経由して高津峠に

登ります。

その後、高時山の西山腹を長々と

トラバースして、

『滝川』又は『風屋』に至るまでを

三里越えと呼んでいます。

三里越えは近世以前の道として利用

されていたようです。

                       [end]

 

 

【ブナの林がきれいな法主尾山】

奈良県の山

法主尾山と書いて、「ぼうずおさん」

または、「ほっすおうざん」と読むよう

です。

十数年前に一度登ったことがありました

が、今回が2度目です。

[8合目近くのブナの林。少し雪が残っていました]f:id:hikojima:20170309171735j:plain[ルート図]f:id:hikojima:20170309174546j:plain

出発前の気温は2度ということで、

少しモチベーションが下がり気味…。

しかし、しかし…

暖かい陽の光にも助けられ、

心地よい汗をかきました。

また8合目近くのブナ林の美しさは

格別で、樹林のすき間から、雪を被

った大峰山脈を眺めながらのひととき、

心が落ち着きます。

コースは、風屋ダムの南から尾根に取

付きます。

登山道は、尾根に沿って続いており、

少し踏み跡の薄いところがあるものの、

尾根を外さなければ、問題なく山頂に

至ります。

[GPS軌跡]f:id:hikojima:20170309171902j:plain[風屋ダム湖]f:id:hikojima:20170309172620j:plain[サイレン塔…三等三角点]f:id:hikojima:20170309171947j:plain[展望地から高時山と足元に風屋の集落、風屋ダムを望む]f:id:hikojima:20170309172109j:plain[ブナの林…右側が切れ落ちている]f:id:hikojima:20170309172228j:plain

f:id:hikojima:20170309172240j:plain[先客の足跡?]f:id:hikojima:20170309172553j:plain[法主尾山山頂の三等三角点]f:id:hikojima:20170309172247j:plain

[コースタイム]

風屋ダム(9:00)-(9:20)サイレン塔(9:25)-(10:20)802m峰(10:25)-(10:50)ブナの林(10:55)-(11:25)法主尾山(11:30)-(11:50)ブナの林(12:10)-(12:30)802m峰-(13:00)展望所地(13:10)-(12:20)サイレン塔(12:25)-(13:40)風屋ダム

 

 …追伸…

 

『日本山岳ルーツ大辞典』には、

「坊主に同じで、山峰が頭を丸めた

坊主頭のようで、そのうえ尾根の美

しい山ということ」と記されています。

[end]

 

 

【見頃の梅林と四石山】

大阪府の山

「地図読みテクニック入門」講座の自由

参加のハイキングで、総勢14名、梅林で

知られている金熊寺から四石山のハイキ

ングを楽しみました。

 

 金熊寺梅林からの四石山へのコースは、

谷から尾根への激登りと激下り、そして

激登りが連続します。

と言っても、

目指すは400メートル足らず(384.4m)の

山頂です。

春らしい陽気の中、

気持ちの良い汗を流しました。

 ルートは、やや不明瞭なところもあり

ましたが、テープ等が至るところに付け

られており、注意して歩けば、山頂まで

導いてくれます。

 

金熊寺梅林では満開の梅林を堪能。

f:id:hikojima:20170306091020j:plain

青い空とちょうど見頃となった梅林で、

おでん片手に早々の大休憩

f:id:hikojima:20170306083029j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20170306090903j:plain

左手に梅林を眺めながら進みます

f:id:hikojima:20170306083214j:plain

その後は谷から尾根への激登りと激下り、

そして激登りが待っています。

f:id:hikojima:20170306083322j:plain

ウバメガシが茂るきれいな尾根

f:id:hikojima:20170306083330j:plain

自然林の美しい山道

f:id:hikojima:20170306083435j:plain

再び登り。山頂まであと少し

f:id:hikojima:20170306083442j:plain

四石山山頂の道標。

「近畿自然歩道」の立派な道標が

設置されていました。

f:id:hikojima:20170306083450j:plain

近畿自然歩道の谷への下り

f:id:hikojima:20170306083456j:plain

「わんぱく王国」に向けての激登り。

ルートもきれいに整備されていました。

f:id:hikojima:20170306083502j:plain

わんぱく王国の寒緋桜は満開でした

f:id:hikojima:20170306083510j:plain

 次回も楽しい山を歩きましょう!

【コースタイム】
金熊寺バス停(9:05)-(9:15)金熊寺梅林(10:10)-鉄塔尾根-(12:15)四石山(13:00)-(13:30)谷分岐(13:35)-(14:05)わんばく王国(14:20)-(14:25)山中渓駅

                             [end] 

【入道ヶ岳から眺望を満喫】

三重県の山

鈴鹿セブンマウンテンの一山、

入道ヶ岳に登ってきました。

コースは、北尾根から北の頭を経て

入道ヶ岳山頂へ、

下山は二本松尾根という、

定番コースです。

f:id:hikojima:20170227121231j:plain

[鎌ケ岳・御在所岳を望む]

f:id:hikojima:20170227121052j:plain

ここ最近の気温と天候で、

さほど雪の期待はしなかったものの、

山頂からの360度の眺望は期待以上でした。

[綿向山にズームイン]

f:id:hikojima:20170227122109j:plain

[山頂まで1.3kmほど、前方に入道ヶ岳を望む]

f:id:hikojima:20170227121316j:plain

[北の頭までもう少し]

f:id:hikojima:20170227121330j:plain

[鎌ケ岳と御在所岳]

f:id:hikojima:20170227121345j:plain

f:id:hikojima:20170227121358j:plain

 

[北の頭の草原]

f:id:hikojima:20170227121413j:plain

[入道ヶ岳山頂]

f:id:hikojima:20170227121428j:plain

f:id:hikojima:20170227122026j:plain

f:id:hikojima:20170227121438j:plain

f:id:hikojima:20170227121442j:plain

[椿大神社]

f:id:hikojima:20170227121446j:plain

 

[コースタイム]

椿大神社駐車場9:30-9:55登山口10:00-10:40避難小屋-11:40北の頭11:50-12:00入道ヶ岳12:40-13:22滝ヶ谷分岐-14:10椿大神社-14:20駐車場

[コース3D地図]

f:id:hikojima:20170310113715j:plain

 

[end]