百間山渓谷の百間滝を目指して!!

f:id:hikojima:20200703101832j:plain

梅雨のすき間を狙って、

百間山渓谷に行ってきました。

さて、百間山渓谷に冠されている「百間」は、

百間滝?…

と思われますが…、

百間滝についての写真がどこにも見あたりません。

もちろん、ネットにも引っかかりません。


実は、私自身、かなり昔、

この滝に立ち寄ったことはありましたが、

いざ、説明を求められても…、

確かな記憶がありません。


確か、"幅広で、すぐ目の前に滝?"が…

と記憶していますが、

さてさて…それ以上のことは思い浮かびません。


とは言いながら、百間山渓谷の百間滝だけに、

何とも寂しい限り…。

ということで、

いざ、百間滝を目指して、百間山渓谷へ。

 

ちなみに『紀伊風土記』の「雨乞瀧」の項

には、

百間滝について、次のように記載されています。


「村の良二十余町にあり、

伊屋谷川の流、

懸りて瀧をなす。

高さ五間許。

瀧の上流下流に深淵多く

其中に釜といふ淵、

殊に魄(たましい)を奪ふ。

又是瀧より、

一里許(ほど)上流に

百間瀧あり、

高さ五十間許(ばかり)、

大雨の後は壮観なり

平常は水なしといふ」


ということは、


高さ9メートルの雨乞の滝と比較し、

百間滝の高さは、約90メートルほどに

なります。

いやいや…、この記述が正しければ、

相当、大きな滝ということです。

もちろん百間山渓谷の百間滝

ということでも納得はいきます…、

しかし、"平常は水なし"の

表現も…気になるところです。

何とも神秘的な滝と言えそうです。

と言うわけで、やってきました…、

しかししかしです。


水が多すぎても…、

と言ったところでしょう。

犬落ちの滝を目の前に、

あっけなくリタイヤ。

谷が増水し、残念ながら、

対岸へ渡れそうになく、

結果、百間滝へは到達できず、

またまた、宿題を作ってしまいました。


今日の百間山渓谷は、

いつもの穏やかな雰囲気の百間山渓谷

という感はありません。

谷の水はゴーゴーと流れ、

苔むした緑は、一層、幻想的に!!。

誰も寄せ付けることのできない空間、

まさにトトロの世界といったところでしょうか。

その分、暑さも押さえられ、

爽やかな谷歩きとなりました。

とはいえ、百間滝が、

さらに遠く感じてしまいました。

百間滝到達は、

次回の楽しみにしたいと思います。

 

f:id:hikojima:20200703100404j:plain

【歩行ルート】

犬落ちの滝手前で、徒渉出来ず、

ここでリタイヤ!!

f:id:hikojima:20200703100413j:plain

【梅太郎渕】

百間佐渓渓谷の入口ですが…。

f:id:hikojima:20200703100454j:plain

ここから先へは行けません。

右手の遊歩道入口の階段には、大量の水が…。

ということで、迂回。

f:id:hikojima:20200703100443j:plain

 

f:id:hikojima:20200703100502j:plain

【雨乞いの滝】

f:id:hikojima:20200703100513j:plain

f:id:hikojima:20200703101752j:plain

【地蔵滝】

f:id:hikojima:20200703100527j:plain

【夫婦滝(右)】

f:id:hikojima:20200703100536j:plain

【夫婦滝・猿渡り】

f:id:hikojima:20200703100540j:plain【三十三尋の壷】

f:id:hikojima:20200703100516j:plain

f:id:hikojima:20200703100547j:plain

【五月雨の滝】

f:id:hikojima:20200703100605j:plain

 

f:id:hikojima:20200703102033j:plain



 

久しぶりの"玉川峡" "丹生の滝"と"五光の滝"へ

久しぶりの写真撮影の滝巡りに行ってきました。

f:id:hikojima:20200628112035j:plain

夏が近づくと、

水が恋しく感じるようになります。

行き先は、このところ、ご無沙汰していた

「玉川峡」です。

玉川峡の二大滝…といえば、やはり

「丹生の滝」「五光の滝」ということで、

まずは「丹生の滝」へ。

水量はまずまず、

そして、何よりもピーカンではなく、

雨降りでもなく、

いわゆる花曇り…、

滝撮影には、うってつけ

(滝によって違います…あくまでも私感です)、

もちろん、それを見越してです。


和歌山県の地誌『紀伊風土記

紀伊国名所図絵』のいずれにも

「丹生の滝」「五光の滝」の

記載がないのは寂しいところですが…。

九度山町史』には「丹生の滝」について、

次のように掲載されています。


「青淵、丹生川の支流にある。

高さ25m、幅3m、常水のときは水の幅1m、

丹生明神にゆかりある幽すい境で、

むかしは雨乞いの祈願をしたり、

滝にうたれて水ごりの行をするものも

あったと伝えられる」…と。

また、刀祢左近四郎の著書『玉川由来記』

の玉川四十八石には、

それぞれの滝が紹介されています。

以下に抜粋します。


丹生の滝 

丹生川村彦谷との域に有、

高さ十三間半(約24m)、銚子口二尺(約60cm)、

大水の時は滝の幅十間(約18m)、

青袋の滝とも云う」


五光の滝(宿り滝) 

宿り領に有、滝谷尻に有、

高さ七丈五尺五寸(約23m)、坪二間に三間」

 

丹生の滝の大水時には、幅18メートルに?。

昔は、相当な水量だったのでしょうね。


現在、五光の滝と呼ばれている滝は、

かつては宿り滝という名称だったようです。

虹がかかる滝ということで、

五光(御光)の滝という名称に

変化したのでしょうね。

 

二滝を訪滝後、気になっていた

「鰻の背登り滝」にも立ち寄り…。

しかし、準備のないままの訪滝に、

滝を特定することができず…。


帰ってから、ネット検索してみましたが…、

やはり特定には至らず…。

ということで、

ならば、

「玉川峡を守る会」のM氏に聞くのが…

確実だろうということで、

質問メールに早々の返信メールを頂きました。

ありがとうございます。


M氏の話では、昭和30年代あたりまで、

この辺りでは、たくさんのウナギがとれ、

滝近くの岩付近からは、

ウナギの上がってくるのがよく見えたそうです。

なるほど…なるほど…、それで、"鰻!!"


二滝の写真撮影はもちろんですが、

鰻の背登り滝の特定、

そして気になっていた"鰻"というワードの

解明も出来ました。


やはり、夏は、滝めぐりが一番ですね。

まさにマイナスイオンたっぷり、

暑さを忘れさせてくれます。

f:id:hikojima:20200628112049j:plain

【丹生の滝】

f:id:hikojima:20200628112118j:plain

f:id:hikojima:20200628112122j:plain

【御手洗の滝】

f:id:hikojima:20200628112128j:plain【五光(御光)の滝】

f:id:hikojima:20200628112137j:plain

f:id:hikojima:20200628112140j:plain

f:id:hikojima:20200628112856j:plain

【五光(御光)の滝】

折角なので…

2016.8.31撮影時の写真を掲載しておきます。

この時には、名前通り、虹が出ていました

f:id:hikojima:20200628112145j:plain

【鰻の背登り滝】

f:id:hikojima:20200628112053j:plain

f:id:hikojima:20200628112148j:plain

梅雨の合間、心見茶屋跡から四寸岩山へ

f:id:hikojima:20200617112355j:plain

桜の時期、吉野山の近くを通ることを

ためらいますが、

今日は、いっきに高度を稼ぎ、吉野山を抜け、

吉野大峰林道沿いの四寸岩山登山口へ。

標高840メートル、気温20度。

梅雨特有のジメジメ感は、まったくありません。

この時期での林道は、ありがたいですね。


さて今日のコースは、登山口から大峰奥駆道を

四寸岩山まで登り、帰路、足摺茶屋跡から

山腹道(奥駆道・新道)を通り、登山口まで

戻ってくる予定、

友人N氏との久しぶり山行きです。

 

植林の中の稜線道をいっきに登って、

守屋茶屋跡へ。

この付近については

近畿地方歴史の道調査報告書』に、

詳細な記述があり、少し紹介しておきます。


林業用モノレールに沿って植林の中の

急な山道、試み坂を登ると約四〇〇mで

平地になった試み(心見茶屋跡)に着く。

さらにまた約四〇〇m登り、

小ピークを越した所が守屋茶屋跡で、

近世には青篠、中古場とともに槙尾村

黒滝村槙尾)が茶屋を出していた」…と。


やや緩やかな道が続いたのち、四寸岩山山頂に到着。

気温22度、爽やかな涼風と眺望…

そして暖かいコーヒーを頂きながらのひとときに

…満足・満足です。


帰路、まずは足摺茶屋跡へ。

小屋横の苔むした奇岩が足摺石だろうか?。

役の行者の母が登拝を拒まれ、

足摺して残念がったところともいわれていますが…。


一方、博物学者、源伴存著の地誌

『和州吉野郡群山記』には、

次のような記述もあります。


「足摺石あり。その岩間、一尺ばかり。

凹なる石を通る。諸人往来して、

足にてすればくぼみたり

(この辺の石、石灰石なり)」…と。

 

四寸岩山について、

近畿地方歴史の道調査報告書』には、

山頂近くの四寸岩が山名の由来と

記されていますが…、

『和州吉野郡群山記』においては、

足摺石と四寸岩が同一であるかのような

記述にもなっています。


諸説有り…ということなのでしょうね??!!。


さて、私たちは、これより、

大峰奥駆道の新道を通り、登山口まで、

戻ります。


新道は、四寸岩山・大天井ヶ岳山頂を通る

大峰奥駆道が、あまりにも険路であるという

理由から、明治末から大正初年、

四寸岩山の西側に造られた山腹道のことです。

新道には新茶屋・五十丁茶屋が営業していた

ようです。

しかしながら、今では、

こちら(新道)が険路の道?では…、

といった錯覚さえ覚えてしまいそうです。

ともあれ、梅雨の合間とは思えない、

爽やかな一日の山歩きを楽しむことができました。

f:id:hikojima:20200617115404j:plain

GPS軌跡】 

f:id:hikojima:20200617112422j:plain【心見(試み)茶屋付近図】 

心見茶屋跡の位置が気になります。

現地の看板は、登山口から天井越えの道に入って、

しばらく登ったところになっています。

しかし、ヤマレコ、『山と高原地図』等には、

林道沿いの位置に記載されています。正解は?

f:id:hikojima:20200617112426j:plain

【天井越え(四寸岩山)の入口】

f:id:hikojima:20200617112446j:plain【心見(試み)茶屋跡】

f:id:hikojima:20200617112453j:plain【心見(試み)茶屋跡】

f:id:hikojima:20200617112456j:plain

【こあじさい(小紫陽花)咲く道】 

f:id:hikojima:20200617112503j:plain

f:id:hikojima:20200617112506j:plain

【守屋茶屋跡】

f:id:hikojima:20200617112511j:plain

【四寸岩?】

近畿地方歴史の道調査報告書』に「四寸岩があり、問が四寸ほどの岩問を道が通るのでこの山名がある…」とある石だろうか。

f:id:hikojima:20200617112514j:plain

【四寸岩山からの眺望】

稲村ヶ岳・大日岳・小天井ヶ岳を望む

f:id:hikojima:20200617112519j:plain

【四寸岩山からの下り】

気持ちの良いブナ林

f:id:hikojima:20200617112523j:plain

【足摺石】

f:id:hikojima:20200617112528j:plain

【足摺茶屋跡と現在の小屋】

平成12年に新築された足摺小屋と足摺石

f:id:hikojima:20200617112532j:plain

【新道】

こんなにきれいな道は、ごく僅かです

f:id:hikojima:20200617112537j:plain

f:id:hikojima:20200617112540j:plain

f:id:hikojima:20200617112545j:plain

【コースタイム】
(9:05)四寸岩山登山口P(9:20)~(9:40)心見茶屋跡~(10:20)守屋茶屋跡(10:25)~(11:00)四寸岩山(11:50)~(12:15)足摺茶屋跡(12:20)~(13:15)新茶屋跡(13:20)~(13:45)五十丁茶屋跡~(14:10)四寸岩山登山口P

 

みどりの尾根、シロヤシオも終盤!!

新型コロナの影響で、県跨りの自粛から、

ようやく実現した大台ヶ原です。

といっても、東大台・西大台のコースではなく、

11年ぶりの「みどりの尾根」です。

f:id:hikojima:20200607195628j:plain

「昼過ぎから雨…」の天気予想。

大台ヶ原駐車場が、近づくに連れて雲行きが

怪し~く~なってきました。

駐車場の埋まり具合は、6割程度だろうか。

 

青空に恵まれないのが、少し残念ですが、

6月という時期のスタート地点での

気温19度は、ありがたい限りです。

まずは日出ヶ岳山頂を目指します。

野鳥撮影でしょうか?。

大きなレンズを持ったカメラマンが目立ちます!!。

鳥の鳴き声が何の鳥かは?

まったく分からない私です。

 

さて、日出ヶ岳に登ったのち、シャクナゲ坂へ。

シャクナゲの花は、すでに終わっているようですが、

ときおり、シロヤシオの花が目にとまります。


シャクナゲ坂の途中から、

やや踏み跡の薄いトラバース道に入ったのち、

尾根のコルを経てテンネンコウシ高へ。

コルから往復30分。

コルから反対側の尾根をいっきに登って裕嵓へ。

正面に、日出ヶ岳、正木嶺、地池高をはじめ、

180度の眺望が開けています。


この辺りの山には、「○○高」という山名が、

多いようです。

「西谷高」「沖見高」「七ツ釜高」などなど…。


展望は申し分ないのですが、

ここからミネコシ谷へのトラバース道に

小さな崩壊地があり、

当然、道も怪しくなってきます…。

一旦ミネコシ谷に下ったのち、

シャクナゲの群生を避けながら、ようやく、

目的のみどりの尾根へ。


本コースは以前、記憶の中では難なく

歩けたように思っていたのですが、

歳を重ねたのでしょうね、

今回、思いのほか、

道が荒れていたようにも(崩壊地)…感じました。


しかし、絨毯を敷き詰めたようなミヤコザサの笹原、

バイケイソウの緑、カエデの新緑…、

上も下もグリーン!の世界に感動しきりです。

ここには、かつての大台ヶ原を彷彿とさせる風景が

広がっています。

ポツリポツリ…雨が…、でしたが、本降りに至らず、

心ゆくまで、みどりの絨毯歩きを満喫しました。

 

f:id:hikojima:20200607195659j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20200607195701j:plain

f:id:hikojima:20200607195704j:plain

 

 [シャクナゲ坂途中の大木]

f:id:hikojima:20200607210210j:plain

f:id:hikojima:20200607210214j:plain [シャクナゲ坂の道]

f:id:hikojima:20200607210216j:plain

 [シロヤシオの花がポツリポツリ…と]

f:id:hikojima:20200607210222j:plain

f:id:hikojima:20200607210219j:plain

f:id:hikojima:20200607210225j:plain

 [シャクナゲ坂の鎖]

f:id:hikojima:20200607210228j:plain

 [この道標の後ろからテンネンコウシ高へ]

f:id:hikojima:20200607210232j:plain

f:id:hikojima:20200607210234j:plain

 [裕嵓から日出ヶ岳(右)・正木嶺(左)を望む]

f:id:hikojima:20200607210237j:plain

 [裕嵓のトラバース]

f:id:hikojima:20200607210240j:plain

 [ミネコシ谷の徒渉点]

f:id:hikojima:20200607210243j:plain

 [ギンリョウソウ]

f:id:hikojima:20200607210246j:plain [みどりの尾根]

f:id:hikojima:20200607210249j:plain

f:id:hikojima:20200607210253j:plain

f:id:hikojima:20200607210256j:plain

f:id:hikojima:20200607210259j:plain

f:id:hikojima:20200607210303j:plain

f:id:hikojima:20200607210308j:plain

f:id:hikojima:20200607210315j:plain

 [正木嶺への登り]

f:id:hikojima:20200607210322j:plain

 [尾鷲辻へ]

f:id:hikojima:20200607210328j:plain

f:id:hikojima:20200607210334j:plain

f:id:hikojima:20200607210338j:plain

【コースタイム】
大台ヶ原駐車場(8:40)~(9:35)日出ヶ岳(9:40)~(10:55)シャクナゲ坂分岐~(11:25)テンネンコウシ高~(11:50)裕嵓[昼食](12:20)~(12:45)ミネコシ谷~(13:20)みどりの尾根~(14:40)日岳ヶ岳(14:45)~(15:10)正木嶺~(15:45)尾鷲辻~(16:25)駐車場

『上湯川郷土誌(上湯川小学校編)』について

先日、『奈良県名勝志(十津川村抜粋)』

十津川村村誌』二誌についての滝目録を

掲載しました。

しかし、もう一誌、忘れてはいけない文献が

ありましたので、

ここで抜粋の上、紹介しておきたいと思います。


それは、昭和12年発行の

『上湯川郷土誌(上湯川小学校編)』です。


十津川村上湯川についての歴史、自然、

旧跡などが詳細に記載されています。

その中に「川のこと」「滝のこと」と題した

項目があり、滝についての記述があります。

観音滝[2]猫又滝[3]おさよ滝[8]については、

以前、このブログでも取り上げました。

 

ちなみに、『十津川村村誌』の[上湯川村]の滝項では、

"萬堂滝"と"一ノ滝"の2滝でしたが、

『上湯川郷土誌』には、

実に11滝が詳細に掲載されています。

萬堂滝は、昭文社山と高原地図シリーズの

『奥高野』にも位置が示されています。

 

以下、『上湯川郷土誌(上湯川小学校編)』からの抜粋

算数字の番号は、便宜上、つけています。

 

・「滝のこと」

[1]引滝 

八重佐川の上流にある滝で、

引牛の伝説にからむ滝である。約三丈余。
[2]観音滝 

峯地谷にあり、

此滝の近くに稲荷神社鎮座まします。
[3]猫又滝

大井谷奥にあり、蓋をたたへた様な

深淵の両側には樹木が茂り、

昼でもおそろしいやうな滝である。

[4]幡動滝(番堂滝)

北股谷引牛たわの下にある滝で、

高さ約四丈余ある。

f:id:hikojima:20200528214941j:plain

[5]八王滝(ハオー滝)

果無川にある滝で、高さが約七丈ある。

 

・「川のこと」
1.大井谷 

大井谷在所奥、牛廻の峯から流れ出る谷川で、

此谷に[3]猫又滝、[6]平内滝・[7]鑵子滝などがある。


2.入谷 

入谷奥の高所から流れ出ている谷で、[8]おさよ滝がある。

 

3.梅垣内谷 

梅垣内在所の下を流れる谷で、

この谷に[9]雨どまりの滝・[10]七郎二郎滝がある。


4.市原谷 

果無山脈中から流れ出る谷で、[11]際目滝がある。

 

三密を避けて、まったりと高尾山へ。

f:id:hikojima:20200526152831j:plain

【シライトソウ】

f:id:hikojima:20200526153020j:plain

三密でなく、府県境を跨がず…

ということであれば…、そろそろ動き出しても…。

ということで田辺市の高尾山へ。

和歌山県に限り、三密になりそうな山を探すのが、

困難といったところでしょう。


さて、高尾山山麓の千光寺は、和気清麻呂公が

愛育していた鷹の死の弔いのために

高尾山中腹に建立したのが始まりと

伝えられています。


また、ここ高尾山は、田辺市の小中学校校歌の

多くに採用されており、

田辺市のシンボル的な山としても

親しまれています。

鷹尾、高雄、高尾…、漢字はまちまち…、

面白いですね。

ちなみに、千光寺の山号は「高尾山」ではなく

「鷹尾山」です。


ということで、自宅で、ナビを奇絶峡に設定。

日頃、ナビは使用しませんが、

この日に限って…。

これが、そもそもの大失態。

通行止めの案内で迂回路として指定されたのが、

クルマ一台がようやく通れるギリギリの道、

いやいや、久しぶりの山歩きに痛い洗礼を

受けてしまいました!!。

(のちに分かったのですが、既に奇絶峡手前の

通行止めは解除されていました)


奇絶峡は、まさに新緑のまっただ中。

日差しは暑いものの、一歩、木陰に入ると、

爽やかな風が通り抜けてくれます。

忘れかけていた気持ちの良い5月の風です。


奇絶峡の入口近くで、

今から秋津川経由で高尾山に登るのだという

35年ぶりの友人Hさんと出会いました。

相変わらず、元気いっぱいの方です。


私は、ここ(奇絶峡)から高尾山を目指します。

しかし、久しぶりの山歩きということで、

体がなかなか思うように動きません。

どっしりとした山容の高尾山ですが、

意外と裾野あたりは急斜面で、

分かり切ってはいましたが…、

しばし、閉口です。

"山頂まで1000メートル"、

"山頂まで500メートル"、

"山頂まで100メートル"の看板、

ありがたいような、ありがたくないような…、

まぁ…、ありがたいのでしょうね。


ようやく高尾山山頂を経て東の展望台へ。

開放感たっぷりの展望台は、

いつもにも増して爽快に感じました。

コロナが恨めしいです。

そして、何と言っても、山の空気は新鮮でした。


山頂で出会った御坊と田辺から来たという

女性3人組のパーティに

写真撮影を快諾していただき、しばし談笑。

久しぶりの山歩きを堪能しました。

f:id:hikojima:20200526152856j:plain

【3D-GPS軌跡】

f:id:hikojima:20200526152909j:plain

GPS軌跡】

f:id:hikojima:20200526152913j:plain

【奇絶峡】

f:id:hikojima:20200526152921j:plain

【赤城の滝(不動滝)】

f:id:hikojima:20200526152926j:plain

【高尾山登山道】

f:id:hikojima:20200526152950j:plain

【磨崖三尊の大石仏】

f:id:hikojima:20200526152929j:plain

f:id:hikojima:20200526152934j:plain

【頂上までの看板】

f:id:hikojima:20200526152953j:plain

【高尾山山頂展望台】

f:id:hikojima:20200526152944j:plain

【山頂からの眺望、田辺湾・白浜方面を望む】

f:id:hikojima:20200526152956j:plain

【東の展望台から槇山】

f:id:hikojima:20200526153003j:plain

f:id:hikojima:20200526153005j:plain

【仲良し3人の女性パーティ】

f:id:hikojima:20200526153008j:plain

【秋津川への登山道】

f:id:hikojima:20200526153013j:plain

f:id:hikojima:20200526153016j:plain


【コースタイム】
奇絶峡・滝見橋(10:25)~(10:30)赤城の滝~(10:35)磨崖三尊大石仏~(11:40)高尾山~(11:45)高尾山東の展望台(12:20)~(12:30)秋津川分岐~(13:25)旧国道~(13:45)奇絶峡

"十津川村の滝"について

一年間を通して、絶好の山登り日和・

撮影日和なのですが……。

新型コロナの影響で、山歩き、写真撮りに

遠出ができません。


もちろん

ここ和歌山県から奈良県十津川村へは…。

ということで、

今、気になっていた文献の読み直しをしている

ところです。

しばしば登場する奈良県名勝志』

十津川村村誌』の二誌です。

暇つぶしを兼ねて、それぞれの文献から

十津川村内の"滝"を抜粋してみました。

明治24年発行の『奈良県名勝志』と

明治16年調査の『十津川村村誌』、

いずれも明治初期頃の文献ということで、

滝名称については、共通するところが多い

ようです。

しかし、滝の高さ、幅(一部に特徴)といった内容が

記されていますが、ピンポイントでの場所の特定が

難しいというのが共通しています。

現在の地形図に置き換えるすべを持たないのが

残念ですが…。

もちろん、滝呼称が現在使われている滝名と

合致する滝もありますが、そのほとんどが、

違っていたり?、変化していたり…です。


とは言いながら、分かっている滝もありますね。

ちなみに、『十津川村村誌』小井村の項に

記載の"戎方瀑"は、以前、このブログでも

紹介しました。

また内原村の"笹瀑"は、

日本の滝百選のひとつ"笹の滝"です。

1000メートル級の山々に囲まれた十津川村ということで、

素晴らしい滝があちこちに…。


自粛が解除された折には、聞き取り等で、

もう少し詳細に掘り下げてみたい…

と思っていますが…。

"十津川村の滝"について、このほか、

何らかの情報をお持ちの方がおられましたら、

メッセージ等、いただけると嬉しいです。

[笹の滝]2018.8.7撮影 

f:id:hikojima:20200519172838j:plain

f:id:hikojima:20200519172857j:plain

[戎方滝(雄滝)]2019.5.4撮影

f:id:hikojima:20200519173010j:plain


■『奈良県名勝志』に掲載されている十津川村の滝(25滝)
[※便宜上、滝名に番号を振っています]

[北津川村大字杉清]
1.中西瀑 
[北津川村大字長殿]
2.長名瀑
[北津川村大字旭]
3.地獄瀑

4.極楽瀑

5.出合瀑

6.不動瀑 
[十津川花園村野尻]
7.風屋瀑 
[十津川花園村大字滝川]
8.山瀑  
[十津川花園村大字内原]
9.笹瀑  
10.三重瀑 
[中十津川村大字小原]
11.柿瀑  
[中十津川村大字大野]
12.弁財天瀑 
13.白倉滝  
[東十津川村大字高瀧]
14.高滝 
[東十津川村大字折立]
15.臂リ滝
[南十津川村大字込ノ上]
16.夫婦瀑  
17.紅葉瀑  
[南十津川村大字谷垣内]
18.椋尾瀑 
19.九鬼瀑  
[南十津川村大字桑畑]
20.境目瀑  
21.紅葉瀑 
[南十津川村大字七色]
22.十二瀑
[西十津川村大字出谷]
23.三浦大瀑 
24.虫野瀑  
[西十津川村大字重里]
25.飢生瀑  


■『十津川郷村誌』に掲載されている十津川村の滝(73滝)
[※便宜上、滝名に番号を振っています]
[長殿村]
1.石之門滝
2.長名滝
3.上イゾ滝
4.下イゾ滝
[旭村]
5.出合滝
6.地獄滝
7.極楽滝
8.不動滝
[山天村]
9.見越二ツ滝
[杉清村]
10.中西瀑
[風屋村]
11.風屋滝
[滝川村]
12.一ノ山滝
[内原村]
13.夫婦滝 
14.三重滝
15.笹ノ滝
16.金輪滝
[野尻村]
17.風屋滝
[武蔵村]
18.不動滝
19.三重ノ滝
[湯之原村]
20.栃谷瀑
21.三重瀑
[小原村]
22.小森谷瀑
23.柿ノ瀑
[小森村]
24.蛇羅ノ栃ノ瀑
25.小熊谷瀑
26.行者瀑
[小井村]
27.戎方瀑
28.銚子滝
[小川村]
29.大滝
[高滝村]
30.清納滝
31.洞滝
32.高滝
[大野村]
33.ベザイ天瀑
34.不動滝
35.白倉滝
[谷垣内村]
36.九鬼滝
37.椋尾瀑
38.庄藏滝
39.水鏡滝
[山手村]
40.大瀑
41.女夫瀑
42.牛鬼瀑
[猿飼村]
43.小井渓ノ瀑
[折立村]
44.臂リ滝
45.夫婦滝
46.滝ノ脇
[山手谷村]
47.腹巻ヶ滝
[込之上村]
48.僧滝
49.不動滝
50.夫婦滝
51.紅葉滝
[桑畑村]
52.境目瀑 
53.紅葉瀑
[七色村]
54.十二ノ滝
[東中村]
55.宮ノ滝
[下葛川村]
56.二ノ滝
[神山村]
57.鏡滝
[玉置川村]
58.大滝
59.上牛鬼滝
60.下牛鬼滝
61.上大滝
62.サデヤ滝
63.二ノ滝
[重里村]
64.飢生滝
65.金剛滝
[出谷村]
66.赤滝
67.シャクレ滝
68.三浦大滝
69.虫野滝
70.曽賀滝
71.水タリ滝
[上湯川村]
72.萬堂滝
73.一ノ滝