冷たい風が吹く中、捻草越えから七霞山へ

f:id:hikojima:20190314210449j:plain

2年前に補修した

「捻草越え道(※1)」の状況確認のため、

"玉川峡を守る会"のメンバーと七霞山に

登ってきました。

f:id:hikojima:20190314102749j:plain

f:id:hikojima:20190314102833j:plain

河合橋からかつての大崩壊跡地、

捻草越えを経て、七霞山へ。

お杉茶屋跡で昼食をとった後、

北宿辻を経て、やどり温泉まで周回しました。

 

早朝、集合場所に向かう途中、

激しい雨・風に見まわれ、

心配しながら集合場所へ…。

玉川峡、河合橋に着いた頃には、

いっきに天気が回復、予定通り、

七霞山に向けて、登山開始。


2年前、補修を行った捻草越えの大崩壊地は、

さほど大きな痛みはなく、倒木整理と、

少しの補修を行い、七霞山へ。


しかし、本日の予想外は、

尾根筋に登ってからの否応なしに

吹き付ける冷たい風との格闘です。

雨は降らなかったものの、昨日までの

暖かった春の日差しはどこへやら、

冷たい風に悩まされながらも、

樹林のすき間から望む、

真っ白に雪化粧した弥山から釈迦ヶ嶽の

大峰山稜が羨ましくもあり…。


お杉茶屋跡で、

わずかばかりの日差しを探しながら

昼食をとった後、早々に下山開始。

北宿辻からやどり温泉を目指します。


北宿集落の廃屋前の

満開となった1本の梅の香りが、

ふたたび、春へと引き寄せてくれました。

寒い一日でしたが、

久しぶりの"玉川峡を守る会"メンバーとの

楽しい山歩きを満喫しました。

 

[3D_GPS軌跡]

f:id:hikojima:20190314102813j:plain[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20190314102847j:plain

[河合橋_玉川峡]

f:id:hikojima:20190314102859j:plain

[捻草越え入口]

f:id:hikojima:20190314102910j:plain

f:id:hikojima:20190314102920j:plain

f:id:hikojima:20190314102933j:plain

[すぐ先が大崩壊地跡]

f:id:hikojima:20190314102945j:plain

[崩壊地跡からの眺望 左の高い山が護摩の壇]

f:id:hikojima:20190314102956j:plain

[ケヤキ岩]

f:id:hikojima:20190314103009j:plain

f:id:hikojima:20190314103035j:plain

f:id:hikojima:20190314103044j:plain

f:id:hikojima:20190314103054j:plain

[捻草越え]

f:id:hikojima:20190314103111j:plain

[七霞山山頂]

f:id:hikojima:20190314103124j:plain

[お杉茶屋跡]

f:id:hikojima:20190314103134j:plain

[しばらく林道歩き]

f:id:hikojima:20190314103143j:plain

[高野三山と雪池山・護摩の壇を望む]

f:id:hikojima:20190314103156j:plain

f:id:hikojima:20190314103208j:plain

[北宿集落の梅]

f:id:hikojima:20190314103222j:plain

[やどり温泉前]

f:id:hikojima:20190314103232j:plain


(※1)捻草越え 
高野町富貴から七霞山・杖(つえ)ヶ藪を経て高野山に向かう古道で、江戸時代の地誌『紀伊風土記』には、「摩尼谷より川合の橋へ出て七霞を過ぎて
富貴へ行を捻草越といふ高野より大峰山上の本道とす」と記されています。

 

【コースタイム】
河合橋(9:25)-(10:45)ケヤキ岩-(12:30)七霞山-(12:35)お杉茶屋[昼食](13:05)-(13:13)展望所-(13:25)北宿分岐-(14:20)小峰辻-(14:40)北宿廃屋-(15:05)宿り温泉

松柱峠を経て天上山へ、萩のタワから栃尾

f:id:hikojima:20190307114442j:plain

龍神街道に通じる間道、

栃尾から松柱峠を経て天上山に

登ってきました。

f:id:hikojima:20190307114218j:plain

f:id:hikojima:20190307114329j:plain

f:id:hikojima:20190307114337j:plain

f:id:hikojima:20190307160923j:plain

天上山は『十津川郷村誌』「小山手村村誌」

の天上ガ嶺の項に

「---(中略)--- 東ハ西中村ニ属シ、

西ハ出谷村ニ属シ、

南ハ重里村ニ属シ、

北ハ本村ニ属ス、

其山脈一線、

松柱峠・中根峠ノ嶺上ヲ

起伏シテ出谷村・上湯川村

北境ヲ経テ、遠ク西北ニ亘リ

紀州高野山ニ連続スト云」

とあり、

また栃尾から松柱峠に登る道については、

「村ノ中央栃尾ヨリ

支道一条アリ、

松柱道ト云フ、

栃尾橋ヲ渡リ、

左折シテ登リ、

松柱峠ニ至リテ 

紀州竜神街道ニ会ス」

記されています。


中根峠は、現在の丸尾山を指しています。

帰りは、

栃尾橋ヨリ右折シ、

中根谷滝ノ首ニ至テ登ル、

中根ヲ経テ萩ノ辿ニ至テ

紀州竜神街道ニ会ス、

高サ十八町ニシテ

甚ダ険ナリ」

ルートで周回しました。


数日前からの曇りの天気予報に、

中止も考えましたが、

「とりあえず現地までは…行こう!!」

ということで決行。

昼過ぎに、風含みのポツリの一滴はあった

ものの、雨に遭遇することなく、

予定コースを周回しました。

と言いながら、"行きはよいよい、

帰りはこわい"の童謡「通りゃんせ」の

一節にある山歩きとなってしまいました。

(笑い) 

萩のタワからの下山道で、

小さな崩落と倒木に行く手を遮られ、

苦労の末、ようやく中根集落跡へ。

ここからは良く踏まれた道筋、

滝の首と呼ばれる中根谷の滝上を経て、

栃尾に戻ってきました。

栃尾で出会ったおじさんに、

パネルに入った"中根谷の滝"の写真を

見せていただき、滝について、

伺ってきました。

[栃尾橋へ]

f:id:hikojima:20190307135351j:plain

[栃尾橋の吊り橋]

f:id:hikojima:20190307114401j:plain

[松柱峠に向かう途中の廃屋]

f:id:hikojima:20190307114404j:plain

[丸尾山を望む]

中ほどの自然林のある辺りが中根集落跡f:id:hikojima:20190307114407j:plain

[松柱峠]

f:id:hikojima:20190307114442j:plain

f:id:hikojima:20190307114456j:plain

[天上山山頂]

f:id:hikojima:20190307114501j:plain

[縦走路から七つ森、果無山脈を望む]f:id:hikojima:20190307114517j:plain

[再び松柱峠、直進して萩のタワへ]

f:id:hikojima:20190307114542j:plain

[萩のタワから右下へ。中根から栃尾方面へ]

f:id:hikojima:20190307114609j:plain

[中根に向かう道で倒木]

f:id:hikojima:20190307135440j:plain

[中根の集落跡? 何もない平地]

f:id:hikojima:20190307114621j:plain

[これって!!、何だか分かりますか]f:id:hikojima:20190307114627j:plain

[中根谷の滝の首に懸かる滝]

f:id:hikojima:20190307114638j:plain

f:id:hikojima:20190307114642j:plain

[小さな支谷にかかる橋を渡って栃尾へ]

f:id:hikojima:20190307114647j:plain

[車道脇の樹林のすき間から中根谷の滝を望む]

f:id:hikojima:20190307114651j:plain


【コースタイム】
駐車場(9:00)-(9:10)栃尾橋-(10:25)松柱峠(10:30)-(11:05)天上山(11:20)-(11:40)途中展望の良いところで昼食(12:00)-(12:05)松柱峠-(12:35)萩のタワ-崩落地通過-(13:40)中根集落跡-(14:10)滝の首-(14:30)栃尾橋-(14:40)駐車場

天辻峠越え、高野山発見の道「乗鞍岳」へ

弘法大師、「高野山発見の道」の

ピークのひとつ"乗鞍岳"に登ってきました。

[乗鞍岳山頂]

f:id:hikojima:20190303144822p:plain

乗鞍岳山頂

f:id:hikojima:20190303220023j:plain

[3D-GPS軌跡]

f:id:hikojima:20190303144859j:plain


とは言ったものの、

今回のもうひとつの目的は乗鞍岳

西寄り、天辻峠から阪本への古道

(西熊野街道)の探索です。

 

天辻峠(標高780m程)は、

五條から十津川村熊野本宮大社へ向かう

旅人が最初に経験する旧西熊野街道

随一の難峠とも言えます。

そのため、今日に至るまで、度々改良が

加えられています。

大正11年に穿たれた天辻隧道、

戦後の昭和34年に開通した現国道168号が、

それらをまとめて旧廃道にしてしまい、

旧街道の探索は、

きわめて困難と言わざるを得ません。

ということですが…

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20190303145003j:plain

[天辻峠越えルート図]

f:id:hikojima:20190303145009j:plain

[明治41年の地形図 <参考>]

f:id:hikojima:20190303152650j:plain

 

まずは道の駅「吉野路大塔」をスタート、

旧街道を北にとって維新歴史公園を経て天辻峠へ。

天辻峠は、かつて富貴辻と呼ばれたところです。

 

畔田伴存の『吉野郡名山図志』には

「天ノ川辻 坂本へ拾八丁、此地道幅壱丈余、

山中には稀なる道也、家建も大にして、

凡乙問屋也、五条より

此地江牛馬に米酒諸物を附来り、

是より歩行荷となり、十津川江入る」と、

当時の様子が記されています。


天辻峠には武蔵坊南岳の和歌が刻まれた

道標歌碑が建てられています。


武蔵坊南岳は、かつて五條代官所

勤務していた南條治郎左衛門という

方の雅号です。

歌碑の正面には

「右 五條下市/左 ふきはし本道」が

刻まれ、道標も兼ねています。

三差路の左が紀伊藩兵の使った富貴、

鳩の首峠からの間道です。

そして右が津藩藤堂軍が押し寄せた

西熊野街道の本道とされています。


天辻峠について云々する場合、

必ずと言ってよいほど登場するのが

"天誅組"ですが…。

ここは、別の機会に譲りたいと思います。



天辻峠をあとに、

林道を右にとって乗鞍岳へ。


帰路は、維新歴史公園から旧道の三差路を経て

①の尾根道を往路として、阪本に下ったのち、

復路を②の上谷(じょうたに)沿いの古道を登り、

道の駅に戻ってきました。

街道を歩いていた地元の方(60代の方)の話では、

②の上谷沿いの道を

通学路として利用したということでした。

しかし、①のルートについては

「利用したことがなかった」とも言われていました。

①は三差路から鉄塔近くまでは、

きれいな道でしたが、その後は、踏み跡も薄く、

倒木も目立ちました。

②は、きれいに整備された石段が現在も健在で、

古道としての風格のようなものを感じました。

が、ルートの変遷著しく、

何を指して古道と言えるのかが…、

ここでは、答えが出てきませんでした。

 

[維新歴史公園]

天誅組本陣跡は天辻の富豪・鶴屋治兵衛宅のあったところで、その後、明治38年10月に天辻小学校が建てられました。平成16年8月に天辻小学校は廃校処置になり、同地には地域の歴史を振り返る「維新歴史公園」が整備されています。

維新歴史公園には、"天誅組本陣遺跡の碑"、"義烈鶴屋治兵衛翁碑"、野崎主計の辞世の句碑「討つ人も 討たるる人も 心せよ 同じ御国の 御民なりせば」等が立ち並んでいます。 

f:id:hikojima:20190303145057j:plain

[天辻小学校跡地を示す石碑]

f:id:hikojima:20190303145103j:plain

f:id:hikojima:20190303145111j:plain

f:id:hikojima:20190303145156j:plain

 

f:id:hikojima:20190303145116j:plain

[天辻峠に向かう林道から大日岳方面を望む]

f:id:hikojima:20190303145150j:plain[天辻峠の"南條治郎左衛門"の歌碑]
「二の声は 何国の華ぞ ほととぎす 武蔵坊南岳」 

この歌碑はレプリカです。

f:id:hikojima:20190303145127j:plain

f:id:hikojima:20190303145136j:plain

 [乗鞍岳山頂]

f:id:hikojima:20190303145145j:plain

[天辻の旧街道]

f:id:hikojima:20190303145213j:plain

[三差路分岐]

左が尾根道①、右下は上谷沿いの古道?②  

f:id:hikojima:20190303145220j:plain

直進が尾根道①、右下が簾方面?

f:id:hikojima:20190303145225j:plain

[鉄塔下から唐笠山を望む]

f:id:hikojima:20190303145231j:plain

[三等三角点]

f:id:hikojima:20190303145245j:plain

[上谷への入口②の古道]

f:id:hikojima:20190303145301j:plain

[きれいに整備された②のコンクリート石段]

比較的、新しいものと思われますが、年月を掛けて苔むしています。

また国道からここまで、急斜面に付けられた道ですが、きれいに残っています。

f:id:hikojima:20190303152922j:plain

f:id:hikojima:20190304112935j:plain

[上谷の古道]

もう少しで分岐と思われるところで、倒木と遭遇!!!  万事休す。

これって、何とかならないのか!!

このままだと、廃道になってしまいます…。

f:id:hikojima:20190303145316j:plain

【コースタイム】
道の駅8:50-9:25維新歴史公園-9:40天辻峠(富貴辻)-10:00乗鞍岳取り付き10:05-10:25乗鞍岳10:45-11:00乗鞍岳取り付き-11:20天辻峠11:30-11:45維新歴史公園12:05-12:15古道入口-12:25分岐(三差路)12:30-12:55三等三角点-13:20大塔橋-13:30古道入口(上谷入口)-14:40三差路-14:55道の駅

2019年版の「高野山・熊野古道 伯母子岳」が発行されました

私ごとで恐縮ですが…


昭文社の登山シリーズ『山と高原地図』の

2019年版高野山熊野古道 伯母子岳」が、

出来上がりました。

昨年の夏頃までの調査取材の結果についての

改訂・追記をしています。

よろしければ、手に取って読んでください!!

f:id:hikojima:20190227213136j:plain

<2019年版の主な改訂・追記箇所>
九度山駅からの高野下駅間の槙尾道の追記
・富貴・筒香古道の追記
・山天の高・赤谷峰のルート追記
・峯栃山(ムネドチの頭)のルート追記
・小原峰・行仙岳のルート修正
・天上山のルート追記
・万歳峠越え(伊勢道)のルート追記
・笠丸山ルート追記
・トロトロ坂(古道)の追記
・白見山のルート追記

・志古から万歳越えルートの修正


その他、山名・谷名・滝等の追記を行っています。

 

 

樹氷を求めて…久しぶりの山上ヶ岳へ

樹氷を求めて…?、山上ヶ岳へ。

雪は多くはないだろうが…、

運良く樹氷…というシナリオに期待したのですが…。

f:id:hikojima:20190225101604j:plain

日本岩から稲村ヶ岳を望む

[洞辻茶屋の不動明王像]

f:id:hikojima:20190225102219j:plain

登山口の清浄大橋は、積雪無し。

登山道の日陰部分に

少し凍っているところがあったものの、

しばらくの間、雪は見ありません。

お助け水を過ぎた辺りで、ようやく

雪山らしくなったものの…、

どんよりとした曇り空の下、

黙々と登っていきます。

2月とは思えない暖かさに、

樹氷への期待は、薄らぎ、

もちろんモチベーションは下がりっぱなし…

といったところです。

 

厳冬期には積雪が多く、

凍ったところが多い洞辻茶屋跡からの

縦走路ですが、

今日は、予想以上に雪が少なく、

もちろんアイゼンを付けなくても

問題なく歩けました。

ということで、景色を堪能しながらの漫遊散歩。


昼過ぎた頃には、

風もやみ、

うっすらと青空も広がるポカポカ陽気に、

まさに春山気分といったところです。

日本岩からは稲村ヶ岳方面の

大展望を楽しみました。


今日、出会った登山者は、

6人と2人の二組のパーティ、

そして単独の1人、

休日というのに、

何とも寂しい山上ヶ岳でした。

やはり今日の山上ヶ岳は、雪は少ないだろう…と、

皆さん察していたようですね。

予定していた以上に早く帰路に着きました。

f:id:hikojima:20190225101942j:plain

[3D_GPS軌跡]

f:id:hikojima:20190225101947j:plain

[GPS軌跡]

f:id:hikojima:20190225101955j:plain

[登山口 清浄大橋]

f:id:hikojima:20190225101959j:plain

[山上ヶ岳 女人禁制門]

f:id:hikojima:20190225102008j:plain

[一本松茶屋]

f:id:hikojima:20190225102013j:plain

[洞辻茶屋]

f:id:hikojima:20190225102026j:plain

[洞辻茶屋]

f:id:hikojima:20190225102031j:plain

[鐘掛け岩]

f:id:hikojima:20190225102040j:plainf:id:hikojima:20190225102054j:plain

[鐘掛け岩から大天井ヶ岳を望む]

f:id:hikojima:20190225102046j:plain

[鐘掛け岩から稲村ヶ岳を望む]

f:id:hikojima:20190225102050j:plain

 

f:id:hikojima:20190225102059j:plain[大峯山寺]

f:id:hikojima:20190225102105j:plain

 

f:id:hikojima:20190225102110j:plain

f:id:hikojima:20190225102119j:plain

f:id:hikojima:20190225102148j:plain

[山上ヶ岳山頂]

f:id:hikojima:20190225102127j:plain

[山上ヶ岳山頂から稲村ヶ岳を望む]

f:id:hikojima:20190225102135j:plain

f:id:hikojima:20190225102140j:plain

[日本岩から稲村ヶ岳を望む]

f:id:hikojima:20190225102156j:plain

 

コースタイム]
清浄大橋8:30-9:15一本松茶屋-10:10洞辻茶屋10:15-11:00鐘掛岩11:05-11:35山上ヶ岳11:55-12:05日本岩12:10-13:00洞辻茶屋13:10-14:35清浄大橋

カンザコ山からおっぱい山、施福寺へ

f:id:hikojima:20190222210453j:plain

槇尾山 施福寺

f:id:hikojima:20190222212202j:plain

f:id:hikojima:20190222210533j:plain

f:id:hikojima:20190223095627j:plain
足慣らしとトレーニングを兼ねて、

槇尾山の低山を歩いてきました。


朝の9時だというのに、槇尾山駐車場は、

既にマイカーで満杯状態!でしたが、

何とか滑り込みセーフ。

やはり槇尾山は、人気の山ということでしょうね。


今日のコースは、駐車場を起点に、

五ツ辻・側川渓谷からカンザコ山・側川の頭、

開明の滝経由、槇尾山施福寺までの

周回コースです。

低山ながら、小さなアップダウンが連続、

その上、そこそこ道が分岐するなど、

藪山歩き好きには、この上なくたまらない

魅力いっぱいのコースとも言えます。

6℃という気温ながら、

思いっきり汗をかいての低山歩きを満喫しました!

 

まずは五ツ辻から側川谷に下ったのち、

延命地蔵からカンザコ山へ、

カンザコ? どういう意味だろうか?

次のピークは側川の頭…、初めて知る山です?

山頂が四ツ辻になっているようです。

そして極めつけは、おっぱい山…、

山容がそのように見えなくもないが…??

誰が山名を命名したのか分かりませんが…、

思いっきりユニークを持ち合わせている

方でしよう。

どれもこれも謎だらけですが、道標・テープ類は、

しっかりと付けられており、

倒木等も、きれいに処理されています。

藪山歩きが好きな方は、

ぜひ一度、歩いて見てください。

暖かさのようなものが伝わってきます。

f:id:hikojima:20190222210554j:plain

f:id:hikojima:20190222210559j:plain

f:id:hikojima:20190222210617j:plain

五ツ辻に向かう

f:id:hikojima:20190222210644j:plain

[側川延命地蔵尊]

f:id:hikojima:20190222210656j:plain

[側川延命地蔵尊前から支尾根に取り付く]

f:id:hikojima:20190222212009j:plain

f:id:hikojima:20190222212013j:plain

[カンザコ山展望岩]

f:id:hikojima:20190222212031j:plain

[側川の頭]

四ツ辻になっているようです。

側川渓谷へのルート道標がありました

f:id:hikojima:20190222212035j:plain

[おっぱい山を望む]

f:id:hikojima:20190222212044j:plain

[高畑山分岐]

まっすぐがグリーンランド

f:id:hikojima:20190222212050j:plain

[開明の滝]

f:id:hikojima:20190222213056j:plain

f:id:hikojima:20190222212059j:plain

[二丁地蔵]

f:id:hikojima:20190222212104j:plain

[槇尾山施福寺 観音堂]

f:id:hikojima:20190222212113j:plain

f:id:hikojima:20190222213113j:plain

f:id:hikojima:20190222212139j:plain

[コースタイム]
槙尾山駐車場9:00-9:20五ツ辻-林道終点9:50-10:30延命地蔵尊-11:00カンザコ山11:05-11:32側川の頭11:35-11:50おっぱい山-12:10分岐12:20-12:30船底-12:40開明の滝12:45-13:10五ツ辻-13:25分岐-14:00施福寺14:20-14:55槙尾山駐車場