奈良県の山

不動地の嶺から迫辻へ。釈迦ヶ嶽登拝の道

2月に歩いた「ヒバン平嶺」から続く 稜線道を歩いてきました。 hikojima.hatenablog.com 中谷の集落は、畔田翠山の『和州吉野郡群山記』に 釈迦ヶ岳登拝の経路として 「中谷村 釈迦嶽へ六里。 人家十四、五軒有り、この所より 迫村へ行く道有り…(中略) 沢の…

長寿桜・遠山桜から天河大辨財天社へ

中原の長寿桜・塩野の遠山桜、 天河大辨財天社来迎院のシダレザクラを 見に行ってきました。 [塩野の遠山桜] まずは天辻峠を経て五条市大塔村中原へ。 中原は吉野山と高野山の二代霊場を結ぶ 大峰道の集落で、 かつての小学校跡に長寿桜があります。 情報が…

"七郎桜"と旧龍神街道 五ツ辻から三本杉 

満開の枝垂れ桜の期待を膨らせ 市原の「七朗桜」へ。 市原の「七朗桜」 第一声「わぁー」、 その後に続く言葉は「きれい…」。 枝垂れ桜が、朝日を受けて、いっそう鮮やかに…、 感激と興奮に、メンバー一斉に 車から飛び出しました。 私たちが今日の一番乗り…

サンシュユが満開 春の訪れ…川岸

十津川村に向かう途中、 五条市西吉野川岸に立ち寄りました(2019/3/24)。 コブシはまだでしたが、サンシュユと桜は、 ほとんど満開です。 ここはカメラマンの間では 「桃源郷」と呼ばれています。 早朝にもかかわらず、 カメラマンも次から次へと満開のよう…

玉置神社への参詣道、九重越えを歩く

十津川村高滝と折立からの参詣道の合流点となる、 一の鳥居跡まで登る予定で……。 高滝集落近くの広場に車を駐車、 まずは、"オオカミ"を祀る高滝神社へ。 ここではオオカミが神の使いとして 信仰されています。 一旦、参詣道入口に戻ったのち、 一の鳥居跡を…

真砂瀬から捻山峠の旧龍神街道へ

[玉置神社への参詣道、九重越えを歩く]へ その後、場所を移動し、 ホテル「昴」からの 旧龍神街道(中峯越え)の探索です。 真砂瀬にかかる吊り橋 真砂瀬にかかる吊り橋を渡り、捻山峠へ。 先月歩いた「上湯川温泉から捻山峠」の 古道と接続、これで旧龍神街道…

松柱峠を経て天上山へ、萩のタワから栃尾

旧龍神街道に通じる間道、 栃尾から松柱峠を経て天上山に 登ってきました。 天上山は『十津川郷村誌』「小山手村村誌」 の天上ガ嶺の項に 「---(中略)--- 東ハ西中村ニ属シ、 西ハ出谷村ニ属シ、 南ハ重里村ニ属シ、 北ハ本村ニ属ス、 其山脈一線、 松柱峠・…

天辻峠越え、高野山発見の道「乗鞍岳」へ

弘法大師、「高野山発見の道」の ピークのひとつ"乗鞍岳"に登ってきました。 [乗鞍岳山頂] 乗鞍岳山頂 [3D-GPS軌跡] とは言ったものの、 今回のもうひとつの目的は乗鞍岳の 西寄り、天辻峠から阪本への古道 (西熊野街道)の探索です。 天辻峠(標高780m程)は…

樹氷を求めて…久しぶりの山上ヶ岳へ

樹氷を求めて…?、山上ヶ岳へ。 雪は多くはないだろうが…、 運良く樹氷…というシナリオに期待したのですが…。 日本岩から稲村ヶ岳を望む [洞辻茶屋の不動明王像] 登山口の清浄大橋は、積雪無し。 登山道の日陰部分に 少し凍っているところがあったものの、 し…

旧龍神街道 上湯温泉から捻山峠、七ツ森へ

前々から気になっていた、 上湯温泉から捻山峠、七ツ森に至る 中峯越えを歩いてきました。 中峯(なかむね)越えは、 龍神村と十津川村蕨尾を結ぶ 旧龍神街道の一部で、 十津川村真砂瀬から和歌山県との 県境に至る、かつての物資輸送の道です。 中峯の中ほど…

ヒバン平嶺(ヒバンダーラ)からミヤ谷の頭へ

十津川村旭のヒバン平嶺からミヤ谷の頭に登り、 かつての釈迦ヶ岳・前鬼への登拝の道、 赤木越えを歩いてきました。 ヒバン平嶺は、山頂の表示板・WEB等に 「ヒバンダーラ」という名称で紹介されていますが、 おそらく"平"が訛って"ダーラ"と呼ばれるように …

明神平から前山周回。樹氷が!!

雪山シーズン到来!!、 今年は"明神平"からのスタートです。 気温6度、風もなく暖かい朝を迎え、 明神平登山口に向けて車を走らせます。 "白いもの"を期待しながら… 東吉野の狭戸から大豆生へ。 残念ながら、駐車場まで、 白いものは発見できませんでした。 …

うっすらと雪の内野嶺から清水ヶ峰を周回

うっすらと雪が混じり… また、又、また十津川村の山です。 谷瀬から内野嶺に登り、清水ヶ峰を 周回してきました。 清水ヶ峰は、奈良教育大学の演習林があり、 かつて多勢の登山者で賑わっていた山です。 しかし平成23年の台風で、登山道が崩壊、 その後、登…

大井谷の四郎滝・猫又の滝、そして迫野のゴットイ滝へ

旧龍神街道についての情報収集を兼ねて 十津川村上湯川と迫野に行ってきました。 大井谷の「四郎滝」と「猫又の滝」は、 今年10月に続いての再訪です。 大井谷住人のMさんの話では今年の紅葉は、 イマイチとのことですが…、折角なので、 写真撮影…。 小壁のC…

旧龍神街道を利用し、殿井・七ツ森、丸尾山へ

丸尾山は、『十津川郷村誌』に記載の 牛回峠(又は中根峠)と思われます。 牛回峠の山腹には旧龍神街道が通じ、 『十津川郷村誌』には龍神街道に通じる登路として、 5本の道が記されています。 そこで、最近は一部、トレイルランコースとして 使用されている…

竹筒から玉置神社鳥居(跡)を目指して

[竹筒からの日の出] 一族山と風伝峠(左の少し低くなったところ辺り)。 雲海の下には、丸山千枚田、北山川・瀞峡が… [厳島神社からの日の出…雲海] [百夜月、北山川] 玉置神社鳥居(跡)を目指して、 竹筒からの玉置神社旧参道を歩いてきました。 …と…その前に、…

玉置山展望台からの日の出

玉置山展望台から見る、日の出は久しぶりです。 運良く、きれいな雲海と出会いました。 残念ながら赤く染め上がるような雲は…。 贅沢など言えません…が。 その後、玉置山山頂を経て玉置神社まで周回してきました。 [展望台から北の方向を望む] 右の山が囁山…

大井谷の「猫又の滝」「四郎滝」そして仏峠へ

猫又の滝と言えば、玉置山の麓の「猫又の滝」は、 良く知られていますが、 今回、訪ねたのは、 大井谷川に懸かる「猫又の滝」と、 仏峠にあったとされる 上湯川小学校・中学校分校跡です。 かつて学校があったとされる場所が、 "ほとけ"の字を冠した仏峠にあ…

武蔵からアンシハウラ山(アンシュウネ・アンショウ・アンシハウラ)へ

[3DによるGPSコース図] [展望の良い鉄塔前からの眺望] アンシュウネ山・アンシュウ山等々で 呼ばれるアンシガハラ山。 日本語とも言えそうにないが…、 漢字で書くと「案志ガ原山」となるようです。 ここでは、『十津川郷村誌』の武蔵村々誌に 記載の「アン…

花折塚から囁山、王走、善山へ

花折塚を起点に、大峰山脈支稜の囁山(卯月山)・ 善山(斧山)を歩いてきました。 [3D-GPS軌跡] [玉置山展望台から奥高野の山々、囁山・善山を望む] 小原峯・行仙岳、その奥には、 護摩壇山から伯母子岳へと続く山稜 [果無山脈方面を望む] 牛廻山から鉾尖岳・護…

大峰山脈の支稜、奥畑から天竺山へ。

足慣らしのつもりが…。 7月末以降、山らしい山を歩いていなかったため、 足慣らし…、と思いきや。 なんと、なんと…思いのほかの急登と急登に…、 その上、歩き始めは、ほど良く思っていた気温が、 思いのほか湿度の方が高く、 ひと汗、ふた汗…。 全身、汗びっ…

十津川村樫原と平谷の境界となる"境目滝"へ

『十津川郷村誌』の「平谷村」の項に、 十津川郷樫原村と平谷村の村界とされる "境目滝"について、 「北東隅ハ岩谷山ノ峯ヨリ境目滝ノ 上流ヲ経テ火打袋の上ミ背ヲ以テ 同郡樫原村ト分界シ…」と、 記されています。 ということで、 十津川村平谷の大谷川に沿…

田良原から天上山へ

ここ最近の夏の涼しさに誘われて…。 十津川村南部の山「天上山」に登ってきました。 [GPS軌跡] 天上山は天上ヶ嶺、天上ヶ森 とも呼ばれる山で、 トレイルランコースにも一部設定されています。 さて天上山へは、東西南北、 多方向からコースがあるようですが…

ムネドチの頭(峯栃山)から石佛山へ

梅雨の合間を縫って、 ムネドチの頭(峯栃山)から石佛山を 縦走してきました。 [3D-GPS軌跡] いっぷう変わった山の名前ながら、 いたって情報には乏しい、ムネドチの頭。 登ってみないと…分かりません。 …ということで、 今回、滝川集落からムネドチの頭を 経…

開放感たっぷりの三津河落山

自由参加のハイキング企画で、 三津河落山を歩いてきました。 バス利用の21名、現地集合5名、 総勢26名の参加でした。 三津河落山は、"3つの川が落ちる山" が山名の由来とされています。 紀伊水道に注ぐ紀ノ川、 太平洋に注ぐ熊野川、 そして伊勢湾に注ぐ宮…

シロヤシオの花回廊 釈迦ヶ岳

今回6年ぶりの釈迦ヶ岳です。 以前、釈迦ヶ岳へは、 5月のこの時期、 ミツバツツジ・シャクナゲ、 シロヤシオ・アケボノツツジといった 花の変化を毎週毎週、楽しみつつ、 3週間、登り続けた年もありました。 [3D-GPS軌跡] [GPS軌跡] 今回6年ぶりに、その時…

ツツジ咲く山天の高・赤谷峰を周回

以前から気になっていた"山天の高"、 そして、レンゲツツジ咲く"赤谷峰"に登ってきました。 [3D-GPS軌跡] 久しぶりの長丁場の山登りということで、 少し不安な気持ちを抑えながらも…、 いざ出発です。 コースは、熊野古道・三浦峠の登山口の 三浦口から反対…

小森から西熊野街道を経て行仙岳へ

そろそろ動き始めないと…、 『高野山・熊野古道』改訂の調査に行ってきました。 今回の目的の山は、 山腹に西熊野街道が通る行仙岳です。 [3D-GPS軌跡] [GPS軌跡] ここで行仙岳について触れる前に、簡単に 十津川村について、記しておきます。明治21年、55ヶ…

花盛りの行者還岳へ

大峰山脈の行者還岳に登ってきました。 昨夜の台風のような大雨から一変、 朝からの晴れ模様に、 山へのモチベーションも最高潮です。 [行者還岳への縦走路] バイケイソウの群落地を抜けていく [3D-GPS軌跡] 京奈和自動車、国道309号線から 行者還林道を経て…

シャクナゲ満開の馬の鞍峰へ

台高山系の最奥部、吉野川源流の 「馬の鞍峰」に登ってきました。 [3D-GPS軌跡] 登山口は南朝哀史ゆかりの三之公です。 ちなみに三之公は山ヒルの多いことでも 有名です。 さて、ここ三之公の「八幡平」は、 後亀山天皇の曾孫に当たる尊義王が 神璽を奪い、…