古道歩き

【北山村いかだ道を歩く】

北山村の近畿自然歩道、 「いかだ道」を歩いてきました。 かつて北山村で伐採した木材は、 筏師たちが、いかだを組み、 北山川を新宮方面へと流しました。 北山川を下った筏師たちは、 そののち、陸路「いかだ道」を通って 帰路に着いたと言われています。 […

【大雲取越えかけぬけ道】

阿弥陀寺に通じる「大雲取越え かけぬけ道」の古道が2011年の 台風による崩壊で、長い間、 利用出来ませんでしたが、 「紀州のカモシカ」さんのブログで、 迂回路が出来ているとの情報があり、 今回、那智高原から三丁の分岐を 経て阿弥陀寺・妙法山を周回し…

【高野山から伯母子峠・三浦峠越え】

5月27日~29日、 「よみうり地図読みコミュニティ」の 有志メンバー8名で、 小辺路(高野山から十津川温泉)を歩い てきました。 [伯母子岳山頂から、牛首の峰、護摩壇山を遠望] [高野山から十津川温泉のルート図] さわやかな春の空気の中、奥高野の 山歩きを…

【ただただ登り、烏帽子山】

二日目の烏帽子山は、 那智三峰のひとつで、 熊野の秀峰として知られています。 [那智大社から烏帽子山を望む。左奥に見える山が烏帽子山] [烏帽子山の右手が帽子岩、左手が瓶子岩] [帽子岩までズーム] <写真は粟屋氏より受領> hikojima.hatenablog.com 大杭…

【龍神街道の城ヶ森越え】

二日目は龍神街道の城ヶ森越えを 経て城ヶ森山です。 城ヶ森越えは和歌山城下から龍神 温泉に通じる龍神街道の 一ルートです。 [城ヶ森山レーダー雨量計観測所] [城ヶ森山ルート軌跡] [城ヶ森山ルート軌跡] 小森谷渓谷の出合橋をスタート。 支尾根に取り付き…

【牛の交易の古道、牛廻越え】

5月11日~12日の2日間で、 紀伊半島のど真ん中、 牛廻山と城ヶ森山の二山を 登ってきました。 一日目は牛廻越えを経て牛廻山です。 牛廻越えは、龍神村小又川と 十津川村迫西川の集落を東西に結ぶ 峠路で、かつて親牛と仔牛の交易が 行われた名残りの呼び名…

【春の中辺路を歩く】

滝尻王子社から熊野本宮大社までの 熊野古道を1泊2日(4月23日~24日)で 歩いてきました。 [GPS-3D軌跡] 熊野古道は、私にとってスポット的に 何度も歩いていたものの、通して歩く のは20数年ぶりになります。 そして、出来るなら天気の良い日に歩 きたい…

【桜の老樹は満開の黒河道】

「地図読みテクニック入門」講座の ハイキングで「黒河道」を歩いてき ました。 堺よみうり文化センター主催、 2017年春の第2回目のハイキングで、 参加者は、26名です。 私的には、今回で3回目です。 年を重ねるごとに、道標、道の整備 が進みつつあるよう…

【桜を求めて、京大阪・黒河道】

神谷辻のシダレザクラは、2~3分咲き? [GPSによる3D軌跡] [GPS軌跡] このところ、桜を追っかけて、 あっちこっちウロウロ。 今回の山歩きは、神谷辻と久保小学校の 桜見物が大きな目的です。 結論から言いますと、 いずれの桜も残念ながら、 まだ少し早すぎ…

【六里ケ峰はまだまだ、冬】

龍神街道のヤゲン(薬研)坂を登り、 六里ヶ峰(六里越え)を経て護摩壇山 森林公園ワイルドライフ管理棟まで を歩いてきました。 [六里ケ峰の林道] [3Dルート図] 思っていた以上の雪の多さと、 六里ヶ峰の樹林のすき間から望む 奥高野の山々の眺望に大感激! ヤ…

【寒風吹く七霞山】

高野古道の捻草越え(※)から 七霞山に、「玉川峡を守る会」 の有志5人で、登ってきました。 [左から右の奥側に、摩尼山、 古宮岳、楊柳山、雪池山、手前に 護摩の壇を望む] [鉄塔前展望地から高野の峰々を望む] [カシミールによる展望図] [鉄塔前の展望地から…

【落ち葉の絨毯、ブナ山・高時山】

今日も先日に引き続き、 風屋ダム湖近くのブナ山と高時山に、 友人3人で登ってきました。 移動性高気圧のポカポカ陽気の中。 落ち葉の絨毯の上を 「カサコソ、カサコソ」と歩く足の 感触がたまらなく気持ち良かった ですよ(^^)。 [二等三角点のブナ山山頂] […

【豆街道を歩く】

「玉川峡を守る会」の有志三人と、 高野古道の「豆街道」と「六尺道」 を歩いてきました。豆街道を歩くのは今回はじめてです。 豆街道は、野迫川村において、 大規模に高野豆腐の製造が 行われていた頃、 原料となる大豆を橋本から 玉川峡沿いに点在する、 …

【果無峠でラッセル】

紀伊半島の寒波到来に合わせて、 果無山にアタック。 ラッセルの醍醐味と厳しさを、 久しぶりに味わいました。雪を侮ってはいけませんね。 とはいえ、雪景色は最高です。 正面のピークが果無山、 その右肩が果無峠です。 中辺路経由で、 道の駅「奥熊野古道…

【捻草越えの古道復活を!!】

高野山へは、「高野七口」と呼ばれる道 以外に、たくさんの道が存在していまし た。 そして、その中のひとつに捻草越えと 呼ばれる古道があります。 捻草越えは、高野町富貴から七霞山・ 杖(つえ)ヶ藪を経て高野山に向かう古道で、 江戸時代の地誌『紀伊続風…