古道歩き

【串柿の里から西国古道を歩く】

「地図読みテクニック入門」2017年 秋シリーズ第3回目の現地講座による 地図読みハイキングを行いました。 第2回は、二週続けての台風・雨のた め、中止にしています。 今回のコースは、串柿の里として知 られる東谷バス停を出発し、まずは 四郷の里の「神野…

【大吹峠から松本峠、鬼ヶ城へ】

熊野古道の伊勢路ルート 「大吹峠から松本峠を越えて、 鬼ヶ城遊歩道」を周回してきました。 (2017/11/6)。 [3D-GPS軌跡] 3つの峠越えは、少し欲張りすぎたかも… と思いながら、無事到着しました。 トレーニングとしては最高です。 今回歩いた伊勢路は、整…

【世界文化遺産コースの大辺路を歩く】

昨年度、世界文化遺産に追加登録された 大辺路コースの「新田平見道」 「富山平見道」「飛渡谷道」を 歩いてきました。 世界文化遺産の3コースは、何れも、 良く整備されており、歩きやすかったです。 しかしながら地蔵峠越えの道は、台風等の 影響だろうか?…

【平井峠を越えて孝子観音へ】

昨日に続き、久しぶりの晴れ間です。 第二阪和国道の建設に伴い、長い間、 通行止めとなっていた平井峠を歩い てきました。 [和歌山岬トンネル上部に残る道標石碑] 「右 やまみち」 「左 孝子観音道 ふけいみち」の文字が… 紀ノ川駅から平井峠に向けてスター…

【高野七口、相ノ浦道を周回】

[相ノ浦口女人堂跡・上水峠 の地蔵尊] 「高野七口」のひとつ「相ノ浦道」 を歩いてきました。 相ノ浦道は、高野山と相ノ浦集落を 結ぶ街道で、高野七口のうちでは、 もっとも利用が少なかったと言われ ています。 相ノ浦は、高野槙の産地として知ら れていま…

【鹿ヶ瀬峠越えの石畳道を歩く】

12月に予定している鹿ヶ瀬峠越え の下見ハイキングです。 10数年ぶりに鹿ヶ瀬峠越えを通し で歩いてきました。 鹿ヶ瀬峠越えは、藤原定家をして 「崔巍の嶮岨(さんかいのけんそ)」 と嘆かせた熊野古道の難所です。 井関までのバスの便がなくなって いるた…

【大塔の宮が越えたという三里ヶ峰】

切目川沿いの印南町上洞から 龍神村に越える古道、 「三里ヶ峰越え」を歩いて きました。 [GPS-3D軌跡] 三里ヶ峰越えは、印南町から龍神村 に越える古道(切目畝[※1])で、 大塔の宮も歩いた道と伝えられてい ます。 そうした古道の現在の状況を 確かめたくて…

【ノビラコ、遊女の滝から高野古道を歩く】

友人3人で、玉川峡の上流、 「遊女の滝から高野古道」を 歩いてきました。 県立公園「玉川峡」丹生川の上流に、 高野町の「筒香」という集落があり ます。 [GPS軌跡] 筒香には、天照大神の妹にあたる 丹生都比売神が天下ったという 伝承が伝わっています。 …

【気になっていた熊野古道を歩いてきました】

以前から気になっていた仲人茶屋跡から 蛇形地蔵間の熊野古道を歩いてきました。 本コースは平成23年9月の台風で、 地滑りの兆候があるということで、 通行止めとなっており、迂回路が設置 されています。 今回、草鞋峠から仲人茶屋跡、岩神王子 跡を経て蛇…

【三谷坂から天野の里、町石道を下山】

久しぶりの山歩きです。 朝の気温がいっきに下がって 出発時の気温は23度でした。 昨日までの、あの暑さがうそのようです。 赤とんぼが、目の前に飛び回り、 柿の実も、幾分か色づきつつある ようにも…。 秋は、もうすぐです。 三谷坂は、昨年世界文化遺産に…

【八葉蓮華の高野山を半周】

高野山を評して 「内八葉、外八葉の峰々に 囲まれた山上の聖地…」 という言葉をよく使います。 が…、 その内八葉、外八葉について、 未だ、定説がありません。 山名そのものについても諸説があり、 出典によって見解が分かれています。 そこで、今回、和歌山…

【京大阪道から国城山へ】

再びトレーニングを兼ねて…、 と言いたいのですが、 少し欲張って歩いてきました。 京大阪道と国城山です。 さすがにこの暑さでの低山歩き は厳しいです。 滝のマイナスイオンが恋しく なって、近くの丹生の滝に立 ち寄ってきました。 滝のしぶきが最高です…

【三本杉から黒河道を周回する】

「夏は暑いのに決まっている!!??」 ということで、トレーニングを兼ねて、 高野山の黒河道を周回してきました。 hikojima.hatenablog.com 2016年、世界文化遺産に追加登録された 「黒河道」は、橋本市の定福寺からどばい 坂、明神ヶ田和、市平集落、久保田和…

【雲雀山から明恵上人白上遺跡へ】

自由参加のハイキングで、 雲雀山に登ってきました。 総勢13名でした。 [3D-GPS軌跡] 梅雨のすき間を狙っての山歩きです。 しかし「暑いね!」の一言が、 今日一番の感想です。 さて、今回の雲雀山のコースは、 紀伊宮原駅をスタートし、雲雀山から 糸我峠、…

【北山村いかだ道を歩く】

北山村の近畿自然歩道、 「いかだ道」を歩いてきました。 かつて北山村で伐採した木材は、 筏師たちが、いかだを組み、 北山川を新宮方面へと流しました。 北山川を下った筏師たちは、 そののち、陸路「いかだ道」を通って 帰路に着いたと言われています。 […

【大雲取越えかけぬけ道】

阿弥陀寺に通じる「大雲取越え かけぬけ道」の古道が2011年の 台風による崩壊で、長い間、 利用出来ませんでしたが、 「紀州のカモシカ」さんのブログで、 迂回路が出来ているとの情報があり、 今回、那智高原から三丁の分岐を 経て阿弥陀寺・妙法山を周回し…

【大辺路・清水峠越えを歩く】

「紀伊山地の霊場と参詣道」の世界遺産に 昨年、追加登録された大辺路の清水峠越え を歩いてきました。 [火成岩脈の大岩] [GPS-3D軌跡] 「梅雨の合間に!」と思っての熊野古道・ 大辺路歩きです。 気になっていた清水峠の火成岩脈の大岩 を発見。 空気は冷た…

【高野山から伯母子峠・三浦峠越え】

5月27日~29日、 「よみうり地図読みコミュニティ」の 有志メンバー8名で、 小辺路(高野山から十津川温泉)を歩い てきました。 [伯母子岳山頂から、牛首の峰、護摩壇山を遠望] [高野山から十津川温泉のルート図] さわやかな春の空気の中、奥高野の 山歩きを…

【ただただ登り、烏帽子山】

二日目の烏帽子山は、 那智三峰のひとつで、 熊野の秀峰として知られています。 [那智大社から烏帽子山を望む。左奥に見える山が烏帽子山] [烏帽子山の右手が帽子岩、左手が瓶子岩] [帽子岩までズーム] <写真は粟屋氏より受領> hikojima.hatenablog.com 大杭…

【龍神街道の城ヶ森越え】

二日目は龍神街道の城ヶ森越えを 経て城ヶ森山です。 城ヶ森越えは和歌山城下から龍神 温泉に通じる龍神街道の 一ルートです。 [城ヶ森山レーダー雨量計観測所] [城ヶ森山ルート軌跡] [城ヶ森山ルート軌跡] 小森谷渓谷の出合橋をスタート。 支尾根に取り付き…

【牛の交易の古道、牛廻越え】

5月11日~12日の2日間で、 紀伊半島のど真ん中、 牛廻山と城ヶ森山の二山を 登ってきました。 一日目は牛廻越えを経て牛廻山です。 牛廻越えは、龍神村小又川と 十津川村迫西川の集落を東西に結ぶ 峠路で、かつて親牛と仔牛の交易が 行われた名残りの呼び名…

【春の中辺路を歩く】

滝尻王子社から熊野本宮大社までの 熊野古道を1泊2日(4月23日~24日)で 歩いてきました。 hikojima.hatenablog.com [GPS-3D軌跡] 熊野古道は、私にとってスポット的に 何度も歩いていたものの、通して歩く のは20数年ぶりになります。 そして、出来るな…

【桜の老樹は満開の黒河道】

「地図読みテクニック入門」講座の ハイキングで「黒河道」を歩いてき ました。 堺よみうり文化センター主催、 2017年春の第2回目のハイキングで、 参加者は、26名です。 私的には、今回で3回目です。 年を重ねるごとに、道標、道の整備 が進みつつあるよう…

【桜を求めて、京大阪・黒河道】

神谷辻のシダレザクラは、2~3分咲き? [GPSによる3D軌跡] [GPS軌跡] このところ、桜を追っかけて、 あっちこっちウロウロ。 今回の山歩きは、神谷辻と久保小学校の 桜見物が大きな目的です。 結論から言いますと、 いずれの桜も残念ながら、 まだ少し早すぎ…

【六里ケ峰はまだまだ、冬】

龍神街道のヤゲン(薬研)坂を登り、 六里ヶ峰(六里越え)を経て護摩壇山 森林公園ワイルドライフ管理棟まで を歩いてきました。 [六里ケ峰の林道] [3Dルート図] 思っていた以上の雪の多さと、 六里ヶ峰の樹林のすき間から望む 奥高野の山々の眺望に大感激! ヤ…

【寒風吹く七霞山】

高野古道の捻草越え(※)から 七霞山に、「玉川峡を守る会」 の有志5人で、登ってきました。 [左から右の奥側に、摩尼山、 古宮岳、楊柳山、雪池山、手前に 護摩の壇を望む] [鉄塔前展望地から高野の峰々を望む] [カシミールによる展望図] [鉄塔前の展望地から…

【落ち葉の絨毯、ブナ山・高時山】

今日も先日に引き続き、 風屋ダム湖近くのブナ山と高時山に、 友人3人で登ってきました。 移動性高気圧のポカポカ陽気の中。 落ち葉の絨毯の上を 「カサコソ、カサコソ」と歩く足の 感触がたまらなく気持ち良かった ですよ(^^)。 [二等三角点のブナ山山頂] […

【豆街道を歩く】

「玉川峡を守る会」の有志三人と、 高野古道の「豆街道」と「六尺道」 を歩いてきました。豆街道を歩くのは今回はじめてです。 豆街道は、野迫川村において、 大規模に高野豆腐の製造が 行われていた頃、 原料となる大豆を橋本から 玉川峡沿いに点在する、 …

【果無峠でラッセル】

紀伊半島の寒波到来に合わせて、 果無山にアタック。 ラッセルの醍醐味と厳しさを、 久しぶりに味わいました。雪を侮ってはいけませんね。 とはいえ、雪景色は最高です。 正面のピークが果無山、 その右肩が果無峠です。 中辺路経由で、 道の駅「奥熊野古道…

【捻草越えの古道復活を!!】

高野山へは、「高野七口」と呼ばれる道 以外に、たくさんの道が存在していまし た。 そして、その中のひとつに捻草越えと 呼ばれる古道があります。 捻草越えは、高野町富貴から七霞山・ 杖(つえ)ヶ藪を経て高野山に向かう古道で、 江戸時代の地誌『紀伊続風…