古道歩き

古峠から高野山町石道を経て雨引山へ

このところの雨続きで、心持ち欲求不満、 という訳で、近場の高野山町石道を、 ちょっと変化をつけて周回してきました。 何度も歩いた高野山町石道ですが、 雨引山へは、なかなか登る機会がなく、 今回、久しぶりに登って見ることに…。 そして、今回のもう一…

舟戸の浜から槙尾道を散策

梅雨の合間を縫って、 九度山(舟戸)から梨木峠の槙尾道を 歩いてきました。 [槙尾道を推測] 赤線が椎出から舟戸に向かうルート。 青線は河根峠から梨木峠間の間道コース。 [GPS軌跡] 今日、歩いたルート 江戸時代の絵地図に、 紀ノ川の船着き場から慈尊院を…

梅雨の日の間隙を縫って「笠丸山」へ

新宮市の笠丸山に登ってきました。 [仁の滝前の八大竜王の彫りこみ] 笠丸山は『和歌山県の山』改訂にあたって、 気になっていた山のひとつです。 塩見峠へは、船山集落からの古道を登り、 塩見峠から笠丸山を往復したのち、 帰りは、仁の滝へ下りました。 仁…

富貴筒香古道の上筒香峠を越えて

富貴筒香古道を歩いてきました。 高野山富貴は富貴ブランドで知られた "マッタケ"の産地と言うわけで、 秋の時期には、入山できそうにないため、 「山に登るには、今の時期が最適かな」…。 [3D-GPS軌跡] 富貴は弘法大師空海が、 "修行の場にしようか"と迷っ…

痛々しい…玉置山参拝道

最近は車で玉置山に登ることが多く、 今回、久しぶりに登山道を使っての シャクナゲ咲く玉置山への山歩きです。 [シャクナゲ咲く玉置神社] 参加者は、和歌山・大阪からの地図読み コミュニティの参加者5人に、 現地登山口集合の3人を含めた、 合計8名です。 …

トロトロ坂から筏師の道、宮の坂越え

少し変わったネーミングが気になっていた ところのトロトロ坂と筏師が歩いた道を 歩いてきました。 [3D-GPS軌跡] [桃太郎岩] 今回の歩行ルートは、 小板橋淳氏の著書「紀州・熊野の峠道」 筏師の道「宮の坂越」を参考にしました。片川集落を起点に、まずはト…

筏師の道「万歳峠越え」

以前から気になっていた万歳峠越えを 歩いてきました。 [一遍上人名号碑] [3D-GPS軌跡] 万歳峠越えは、志古と小雲取越えルート を結ぶ万歳道とは別に、志古と大津荷を つなぐ古道で、途中「一遍上人名号碑」 をはじめ「首無地蔵」「椎ノ木地蔵」 などの旧跡…

ようやく実現した小原峰

小原峰は近くの山でありながら、 大峰山稜から離れているため、なかなか登る 機会が無く、今回が初めての登山です。 しかし、 山腹近くには、かつての西熊野街道が通って おり、興味惹かれる山域でもあります。 【3D-GPS軌跡】 【小原峰山頂(三等三角点)】 …

南紀熊野は、花盛り

和歌山県南紀のさくらを大急ぎで巡ってきました。 天空の郷、果無集落では色とりどり花が 咲き誇っています。 すでに見ごろを過ぎていた桜が多かった ものの、全体として、 枝垂れ桜は、見ごろが多かったです 【岩口池周辺】ソメイヨシノは満開を少し過ぎた…

熊野古道・果無越え

昨年、熊野古道・小辺路の「高野山から 十津川温泉」まで歩き、後半の果無越えを 残すのみとなっていたため、 今回『十津川村に泊まって、路線バス キャッシュバックキャンペーン』を利用 して、果無越えを歩いてきました。 [果無集落…つぼみ膨らみはじめ] …

春を待つ生駒縦走を経て暗峠へ

地元愛のいばらしいS氏の道案内で、 生駒縦走コースを18人で歩いてきました。 [暗峠] 大阪府と奈良県の府県境を東西に越える 奈良街道のかつての拠点 [GPS軌跡] 石切駅を出てすぐに、いきなりの 急坂道が待ち受けています。 3月初旬ながら夏を思わせる気候…

高野街道のひとつ「麻生津道」を歩く

高野古道のひとつ、「麻生津道」を トレーニングを兼ねて、訪ねました。 「京・大坂道」には、六地蔵が祀られ ていますが、面白いことに、 ここ「麻生津道」にも、同様の六地蔵 が祀られています。 第一の地蔵は、麻生津橋を渡って、 すぐ、県道脇に祀られて…

2018年の最初は藤白坂から冷水浦へ。そして新年会

今日は「地図読みテクニック入門」講座の 自由参加のハイキングです。 N氏の先導のもと、蓮如上人ゆかりの 熊野古道「藤白坂から冷水浦」を歩い てきました。 その後は、藤白神社まで周回し、 お待ちかねの新年会です。 参加者は昨年と同様21名でした。 [GPS…

【紅葉が見ごろ? 海住山寺、浄瑠璃寺へ】

京都の紅葉も見ごろ?、 きれいな紅葉の写真を撮りたい!! 暖かくて天気が良さそう?な日を 天気予報と、にらめっこしながら、 うかがっていたんです…。 かわいらしい姿の海住山寺の五重塔 を一度、見てみたい…。 だったら、行くしかないでしょう!! 海住山寺に…

【串柿の里から西国古道を歩く】

「地図読みテクニック入門」2017年 秋シリーズ第3回目の現地講座による 地図読みハイキングを行いました。 第2回は、二週続けての台風・雨のた め、中止にしています。 今回のコースは、串柿の里として知 られる東谷バス停を出発し、まずは 四郷の里の「神野…

【大吹峠から松本峠、鬼ヶ城へ】

熊野古道の伊勢路ルート 「大吹峠から松本峠を越えて、 鬼ヶ城遊歩道」を周回してきました。 (2017/11/6)。 [3D-GPS軌跡] 3つの峠越えは、少し欲張りすぎたかも… と思いながら、無事到着しました。 トレーニングとしては最高です。 今回歩いた伊勢路は、整…

【世界文化遺産コースの大辺路を歩く】

昨年度、世界文化遺産に追加登録された 大辺路コースの「新田平見道」 「富山平見道」「飛渡谷道」を 歩いてきました。 世界文化遺産の3コースは、何れも、 良く整備されており、歩きやすかったです。 しかしながら地蔵峠越えの道は、台風等の 影響だろうか?…

【平井峠を越えて孝子観音へ】

昨日に続き、久しぶりの晴れ間です。 第二阪和国道の建設に伴い、長い間、 通行止めとなっていた平井峠を歩い てきました。 [和歌山岬トンネル上部に残る道標石碑] 「右 やまみち」 「左 孝子観音道 ふけいみち」の文字が… 紀ノ川駅から平井峠に向けてスター…

【高野七口、相ノ浦道を周回】

[相ノ浦口女人堂跡・上水峠 の地蔵尊] 「高野七口」のひとつ「相ノ浦道」 を歩いてきました。 相ノ浦道は、高野山と相ノ浦集落を 結ぶ街道で、高野七口のうちでは、 もっとも利用が少なかったと言われ ています。 相ノ浦は、高野槙の産地として知ら れていま…

【鹿ヶ瀬峠越えの石畳道を歩く】

12月に予定している鹿ヶ瀬峠越え の下見ハイキングです。 10数年ぶりに鹿ヶ瀬峠越えを通し で歩いてきました。 鹿ヶ瀬峠越えは、藤原定家をして 「崔巍の嶮岨(さんかいのけんそ)」 と嘆かせた熊野古道の難所です。 井関までのバスの便がなくなって いるた…

【大塔の宮が越えたという三里ヶ峰】

切目川沿いの印南町上洞から 龍神村に越える古道、 「三里ヶ峰越え」を歩いて きました。 [GPS-3D軌跡] 三里ヶ峰越えは、印南町から龍神村 に越える古道(切目畝[※1])で、 大塔の宮も歩いた道と伝えられてい ます。 そうした古道の現在の状況を 確かめたくて…

【ノビラコ、遊女の滝から高野古道を歩く】

友人3人で、玉川峡の上流、 「遊女の滝から高野古道」を 歩いてきました。 県立公園「玉川峡」丹生川の上流に、 高野町の「筒香」という集落があり ます。 [GPS軌跡] 筒香には、天照大神の妹にあたる 丹生都比売神が天下ったという 伝承が伝わっています。 …

【気になっていた熊野古道を歩いてきました】

以前から気になっていた仲人茶屋跡から 蛇形地蔵間の熊野古道を歩いてきました。 本コースは平成23年9月の台風で、 地滑りの兆候があるということで、 通行止めとなっており、迂回路が設置 されています。 今回、草鞋峠から仲人茶屋跡、岩神王子 跡を経て蛇…

【三谷坂から天野の里、町石道を下山】

久しぶりの山歩きです。 朝の気温がいっきに下がって 出発時の気温は23度でした。 昨日までの、あの暑さがうそのようです。 赤とんぼが、目の前に飛び回り、 柿の実も、幾分か色づきつつある ようにも…。 秋は、もうすぐです。 三谷坂は、昨年世界文化遺産に…

【八葉蓮華の高野山を半周】

高野山を評して 「内八葉、外八葉の峰々に 囲まれた山上の聖地…」 という言葉をよく使います。 が…、 その内八葉、外八葉について、 未だ、定説がありません。 山名そのものについても諸説があり、 出典によって見解が分かれています。 そこで、今回、和歌山…

【京大阪道から国城山へ】

再びトレーニングを兼ねて…、 と言いたいのですが、 少し欲張って歩いてきました。 京大阪道と国城山です。 さすがにこの暑さでの低山歩き は厳しいです。 滝のマイナスイオンが恋しく なって、近くの丹生の滝に立 ち寄ってきました。 滝のしぶきが最高です…

【三本杉から黒河道を周回する】

「夏は暑いのに決まっている!!??」 ということで、トレーニングを兼ねて、 高野山の黒河道を周回してきました。 hikojima.hatenablog.com 2016年、世界文化遺産に追加登録された 「黒河道」は、橋本市の定福寺からどばい 坂、明神ヶ田和、市平集落、久保田和…

【雲雀山から明恵上人白上遺跡へ】

自由参加のハイキングで、 雲雀山に登ってきました。 総勢13名でした。 [3D-GPS軌跡] 梅雨のすき間を狙っての山歩きです。 しかし「暑いね!」の一言が、 今日一番の感想です。 さて、今回の雲雀山のコースは、 紀伊宮原駅をスタートし、雲雀山から 糸我峠、…

【北山村いかだ道を歩く】

北山村の近畿自然歩道、 「いかだ道」を歩いてきました。 かつて北山村で伐採した木材は、 筏師たちが、いかだを組み、 北山川を新宮方面へと流しました。 北山川を下った筏師たちは、 そののち、陸路「いかだ道」を通って 帰路に着いたと言われています。 […

【大雲取越えかけぬけ道】

阿弥陀寺に通じる「大雲取越え かけぬけ道」の古道が2011年の 台風による崩壊で、長い間、 利用出来ませんでしたが、 「紀州のカモシカ」さんのブログで、 迂回路が出来ているとの情報があり、 今回、那智高原から三丁の分岐を 経て阿弥陀寺・妙法山を周回し…